アコースティックギターとは

どんな楽器?
アコースティックギター

アコースティックギターは、略して「アコギ」と言います。
ピックアップが付いていて、アンプで音を大きくするアコギはエレクトリックアコースティックギターで、略して「エレアコ」です。

アコースティックギターは、はじく撥弦楽器(はつげんがっき)という分類になります。
弦をはじいて音を出す楽器ということですね。
エレキギターやベースはもちろん、マンドリンバンジョーなどのギターっぽい楽器から、ハープなんかも撥弦楽器に含まれます。

アコースティックギターには指板と言って、ネックからボディにかけてフレットという金属の棒が打ちこまれた板があり、その上に弦が張ってあります。

弦を弾くと音が鳴り、弦の長さが短くなると音が高くなる性質を利用して音程を変えていきます。
弦を上から押さえ込み、フレットに密着させることで弦の長さを短くし、音程を変えて演奏します。

アコースティックギターのボディは空洞になっており、弦の振動がブリッジ(ボディ側で弦を支えている部分)を通ってボディに伝わり、共鳴することで大きな音が出ます。

ボディ内で共鳴した音がサウンドホールから出ることで、周囲に聞こえる仕組みです。

左手の役割

アコースティックギターは、コード(和音)を使用します。
「C」コードならド、ミ、ソの和音、「G」ならソ、シ、レの和音のように、アルファベット一つ一つに音の構成があります。このコードを左手で押さえることで和音を奏でます。

「C」は、このように押さえます。

「G」です。

この形を押さえることで、6本の弦が「C」ならド、ミ、ソの和音になるようにできています。
アコースティックギターは、このコードを押さえる練習からスタートします。

なお、「C」ならド、ミ、ソという和音の構成を説明しましたが、これは覚える必要はありません
Cはこういう形、Gはこういう形のように、それぞれのコードをで覚えれば十分です。

右手の役割

ギターを弾いている人の右手を見ると、ずっと同じテンポで上下しているだけで、どう弾いているのかわかりにくいですよね

弾き方は大きく分けて2通りあります。
1つ目がピック弾き、2つ目が指弾きです。

その中でも基本になるのがピック弾きです。
腕を同じテンポで上下させているのがピック弾きです。ピックと呼ばれる三角の板を指で持って弦を弾きます。

同じテンポで上下させていますが、弾くところと空振りするところを使い分けることでリズムパターンを作ります

指弾きは指で一本ずつ弦を弾いて音を鳴らすため、ピック弾きに比べると少し難しいです。
アルペジオが代表的です。基本的には親指で4、5、6弦、人差し指で3弦、中指で2弦、薬指で1弦を弾きます。

その他にも指でのストローク(ピック弾きみたいなもの)、3フィンガー、ピック弾きとミックスさせたハイブリッドピッキングなど多くのテクニックがあります。

演奏スタイルなど

アコースティックギターは弾き語りスタイルで演奏されるのが一番に頭に浮かぶでしょう。
ギターを弾きながら歌うスタイルですね。
他にもバンド内で伴奏をしたり、歌わずにギターだけで伴奏やメロディを奏でるソロギターのスタイルもあります。

ジャンルではフォークやカントリー、ブルースからロック、ポップスなど、幅広いジャンルで使用されます。

Scroll to Top