ドラム教室


スティックだけで手軽にスタート
難しそうに見えるけど実は簡単。
ドラマーは少ないので貴重な存在に!

対象

  • ドラム未経験者、初心者、中級者
  • 男女問わず、小学生以上

対象外の方

  • 自由に演奏できる方
  • プロを目指す方

楽譜

楽譜代は不要です。

レッスン時のドラム

スタジオの生ドラムを使います。
(電子ドラムもあります)

練習曲
受講者さんの好きな曲で練習します!

ドラム演奏は簡単にアレンジしやすいので練習曲は希望に沿いやすいですが、テンポが速い曲は難しいため、相談しながら決めていきます。

ドラムは1曲が完成するまでが早いので、すぐにいろんな曲にチャレンジできます。
練習曲の流れとしては、好きな曲、やりたい曲をあげていただき、その中からテンポが遅い曲を最初の練習曲にして、次第にテンポの速い曲にシフトしていきます。

演奏したい曲がない方は、こちらから10曲ほど提案させていただきます。
ロック、ポップス、バラードなど、一通りのラインナップを用意しています。


レッスン方針
実用的なリズムのみ!

一般的なドラム教室では、8ビート、16ビート、スウィング、ボサノヴァなどの練習用フレーズがありますが、ボサノヴァなどの実用的ではないリズムはやりません。

また、最初は練習用のゴムパッドをトコトコ叩く練習を思い浮かべるかもしれませんが、当教室では最初から生ドラムでレッスンします。
メトロノームに合わせて左右交互にトン、トン、トン・・・という練習もやりません。


2部構成レッスン
実践と基礎練習の組み合わせ

曲を元にドラムセットを使用した実践的レッスン(セットドラミング)と、練習パッドを使用した基礎練習(スティックコントロール)があります。
最初にやるのはスティックの持ち方などではなく、リズムパターンを叩くことですので、実際にドラムセットを使用してレッスンしていきます。

しかし、速いテンポの曲を筋力に頼って演奏し続けたり、間違った体の使い方をしていると関節や筋肉を傷めてしまう危険がありますので、早い段階からスティックコントロールの練習も入れます。
レッスンの割合は、セットドラミング8割スティックコントロール2割くらいです。


自宅練習
「スティック」と「練習パット」

「スティック」「練習パット」があれば、自宅にドラムセットがなくても練習できます。
スティックは普通のドラムスティックです。
練習パットはゴム板製などの、跳ね返りが良くて消音性の高いパッドです。

「スティックコントロール練習」は、このセットだけでできます。
セットドラミングの練習も、「スティックと練習パット + 足踏み」などで練習することが可能です。
あとは、サウンドタイムスタジオの個人練習を利用してください。1時間300円です。
(現在は防音工事中のためレッスン、個人練習は18時までです)

何を目指すか、どれだけ練習に時間を取れるかによりますが、週に1回ぐらいレッスンを受けるか個人練習をしていただければ良いと思います。
2週間に1回レッスン、レッスンのない週はスタジオで個人練習、その他の日は自宅で練習パットという感じですね!

スティック・練習パッド
販売

ご希望に沿ったスティック、練習パッドを販売しますので、初回は手ぶらでOKです!

すでにスティックをお持ちであれば、初回レッスンにご持参ください。
また、絶対に当教室で購入していただく必要はありません。普通の楽器店で購入していただいても大丈夫です。

スティックが届くまでの間の無料レンタルもあります。

1回 50分レッスン♪

第1回、第2回レッスンは1時間50分

1時間50分

第1回 レッスン内容

スティックがあればお持ちください。
なければ手ぶらで結構です。

  • オリエンテーション
  • レッスン、予約、月謝などの説明
  • 練習曲の選定
    → ご希望曲の確認、決定
  • スティック・練習パッド購入のご案内(希望者)
  • ドラムセットの説明
  • 座り方、座る位置の説明
  • 2部構成レッスン セットドラミング
    練習曲のリズムパターンを叩きます。
    簡単な曲であれば、30分ほどでリズム通りに手足が動く状態になります。
  • 2部構成レッスン スティックコントロール
    スティックの持ち方振り方を解説します。スティックコントロールの基本はリバウンドにありますので、練習パットを使用したリバウンドを取る練習です。
    (打面からの跳ね返りで、スティックを持ち上げます)

最後に自宅練習方法をお伝えして、初回レッスンは終了です。

1時間50分

第2回 レッスン内容

レンタルスティックをお持ちください。

  • スティック、練習パッドのお渡し(ご購入者)
  • 楽譜の読み方(10分程度)
    → 楽譜が読めなくても演奏はできますが、視覚的、理論的に伝える手段があれば意思疎通が図りやすくレッスン効率も上がります。
    (ドラムには音程がありませんので、簡単なリズム譜の見方と、ドラム譜のどこに音符が来たら叩くかを解説)
  • ドラムのセッティングの方法
    → 他のスタジオでも個人練習ができるように、椅子、スネア、ハイハットの高さの決め方などを説明します。
  • 初日レッスンの続き
    実際のリズムを叩きながら、フィルイン(フレーズの間を埋めるドコドコジャーン♪)も入れながら、ドラムの楽しさを実感していただきます。ミドルテンポの8ビートなら叩けるようになります。

残り時間(30分程度)は他の楽器の体験
ギター、ベースなど、普段は触ることがない楽器を体験していただきます。少し自由なことができるのもレッスン時間が長い2回目の特徴です。

50分

第3回 以降のレッスン内容

ご自身のスティックをお持ちください。

2部構成レッスン ①
セットドラミング

楽譜通りに叩くレッスン

難しい曲の場合は、簡単にした譜面通りに叩く練習です。
スローテンポでスタートし、次第に一人で演奏できる状態にします。
曲と同じくらいのテンポで叩けるようになれば、曲に合わせて叩く練習、メトロノームに合わせて叩く練習をします。

ドラムの練習で重要なのは多くの曲に触れることですので、ある程度叩けるようになったら次の曲へ進んでいきます。
こうして、いろいろなフレーズを叩くことで引き出しを増やしていきます。

テクニック

レッスンを進めていく中で、必要なテクニックを少しずつ取り入れます。

・疲れずに叩くテクニック

アップダウン奏法、小指支点ストローク、足の重さを活かしたフットワークなど。

・音量を出すためのテクニック

フレンチグリップでのストローク、オープンリムショット、キックペダルのコントロールなど。

・表現力を向上させるテクニック

4つのストローク、ゴーストノートなど。

他にも多くのテクニックがあり、必要に応じてレッスンしていきます。

2部構成レッスン ②
スティックコントロール

リバウンド コントロール

スティックを指でコントロールして弾ませる練習です。
打面で跳ね返った力を利用して、スティックを上まで戻す技術のことです。
人差し指から小指まで一本ずつ練習していき、ある程度できれば、すべての指で練習します。

スピードアップ、スピードコントロール

スピードアップとは、文字通りストロークするスピードを上げることです。
スピードコントロールとは、どんな速さでも安定してストロークできる技術のことです。

オルタネイト ストローク

オルタネイトは「左右交互に」という意味です。
右左交互に安定して均等にストロークする練習で、同時にスピードコントロールとスピードアップを目指します。

ルーディメンツアクセント

ルーディメンツとは、一つの打面で行うストロークのパターンのことです。
シングルストロークロール、ダブルストロークロール、パラディドル、フラムなど、様々なテクニックがあります。
アクセントは強弱のことで、強く叩くところと弱く叩くところの使い分けです。

「④ルーディメンツ、アクセント」に到達するまで半年ぐらいかかりますので、焦らず確実にレッスンしていきます。
レッスンの割合は、セットドラミング8割スティックコントロール2割くらいです。

(現在は防音工事中のためドラムレッスン、個人練習は18時までです)

Scroll to Top