ドラムレッスン

建設中のスタジオが完成すれば、ドラム教室を開講します!
3月中にスタートできる予定です。

電子ドラムではなく、生ドラムの本格的なドラム教室です。

レッスンの基本的な方針はギターやベース教室と同じで、初心者、未経験者向けのレッスンになります。
練習曲も受講者さんの演奏したい曲にして、できるだけ受講者さんの希望に沿ったレッスンをしたいと思います。

一般的なドラム教室では、8ビート、16ビート、スウィング、ボサノヴァなどの練習用フレーズがあります。
しかし、8ビートや16ビートはいいとしても、ボサノヴァとかはやらないですよね…
やらないものを頑張って覚えても大変なので、そういう実用的でないリズムはやりません。

レッスンは主に2部構成になります。

曲を元にドラムセットを使用した実践的なレッスンと、練習パッドを使用した基礎練習(スティックコントロール練習)です。

最初にやるべきことはスティックの持ち方や振り方ではなく、リズムパターンを叩くことですので、実際にドラムセットを使用してレッスンしていきます。

しかし、ドラムはギターやベースと違って、かなり大きく体を使いますので、間違った体の使い方をしていると、関節や筋肉を傷めてしまう危険があります。
そうならないためにも、早い段階からスティックコントロールの練習も入れます。

どのような自宅練習をするのか?

ギターやベースの場合は、レッスンを受けるときも自宅練習のときも楽器を持って演奏しますが、ドラムの場合はそうはいきません。

電子ドラムという選択肢もありますが、電子ドラムでもかなり大きな音です。
また、ドラムセットを置く場所も必要です。

自宅にドラムセットがなくても練習できます。
必要なものは「スティック」「練習パット」です。

スティックは普通のドラムスティックです。
練習パットはゴムの板などでできていることが多く、跳ね返りが良くて消音性の高い板です。

この2つさえあれば、自宅で練習ができます。

「スティックコントロールの練習」は、このセットだけで完結させることができます。
また、セットドラミングの練習もスティックと練習パット + 足踏みなどで練習することが可能です。

あとは、スタジオの個人練習を利用してください。
当スタジオを含め、多くのスタジオで個人練習で部屋を借りることができます。
スタジオによって料金は違うのですが、一人なら500円から1,000円程度で利用できます。

何を目指すか、どれだけ練習に時間を取れるかによりますが、週に1回ぐらいレッスンを受けるか個人練習をしていただければ良いと思います。
2週間に1回レッスン、レッスンのない週はスタジオで個人練習、その他の日は自宅で練習パットという感じですね!

Scroll to Top