ベースとは

ベースは低音を鳴らします
まずは、2ndくらす。の曲で音源を作りましたので聴き比べてみてください。
(スマホの小さなスピーカーではベースの低音域まで再生できないことが多いので、ヘッドホンをつけるとわかりやすいです)

ベースあり

ベースなし

弾き方

ギターは主にピックで弾くのに対して、ベースは指でピッキングします。
人差し指と中指で交互に弦を弾く方法が基本になります。
(親指を使う弾き方、ピック弾きもあります)

ベースの弦は4本あります。
ギターは6本の弦をすべて鳴らすことがありますが、ベースは1本しか鳴らしません。
例外はありますが、ベースは同時に2音以上は鳴らさないと思ってください。

そういう観点から、ベースはギターより始めたては簡単です。
もちろん様々な上級テクニックがあるのですが、最初の1曲が弾けるまでという点ではギターより簡単です。

エレキギターにも共通することですが、ベースは鳴らさない弦に触れておく必要があります。
弾いてない弦でも共振して勝手に震えることがありますので、そのノイズを防ぐために、右手か左手のどちらかですべての弦に触れておく必要があります。
それを「ミュート」と言って、最初はちょっと難しいところです。

アンプはベースアンプを使います。
基本的な構造はギターアンプと同じですが、ベースの音がきれいに聴こえるようにチューニングします。

ベースが奏でる音

ベースは「バンドサウンドの低音を担当して、バンドの土台を作る」という表現をされます。

曲にはコード(和音)が存在します。
コードというのは、音が積み木のように重なった状態です。

「Cメジャー」というコードを例にします。


このときの一番下の音は「C」(ド)です。
この音を「ルート音」と言います。

ベースは基本的にルート音を奏でる楽器と思ってください。
ベースが「C」(ド)の音を鳴らして、ギターやピアノが上にある音符、「E」(ミ)や「G」(ソ)の音を鳴らしてコードを作っていきます。
ベースが一番低い音を鳴らして、その上にギターやピアノなどが音を重ねていくというイメージです。

ベースの種類

ベースは大きく分けると2種類あると言われています。
プレシジョンベース(プレベ)ジャズベース(ジャズベ)です。

プレシジョンベース(プレベ)

ジャズベース(ジャズベ)

一番の違いはボディの形です。
プレベはカッタウェイ以外は上下対象ですが、ジャズベは上下非対称です。

ピックアップ配列も違います。
プレベは真ん中にスプリットコイルのピックアップが一つあります。
ジャズベはシングルコイルピックアップが2つあります。

ネックの太さも違います。
プレベのほうが太く、ジャズベのほうが細いです。

音色も違います。
プレベは芯の太い丸い音がします。
ジャズベはプレベに比べるとペキっとした音になります。

最初のベースは

どちらでも大丈夫です。選ぶ基準は形です。
上下対象が良ければプレベで、ジャズベの形が好きならジャズべです。

ただ、その見た目の好き嫌いがない場合ジャズベをおすすめします。
個人差がありますが、ジャズベの方がネックが細いため弾きやすいからです。

また、ジャズベはプレベの進化版としてリリースされました。
プレベになかった複数のピックアップでの音作りや、ボディバランスの調整などが入ってジャズベが誕生したこともあり、ジャズベの方がモダンな仕様になっています。
それもジャズベをおすすめする理由の一つです。

一番は気に入ったベースを買うことです。
本当にどっちでもいいという方は参考にしてみてください。

Scroll to Top