どんな楽器?
ドラム

ドラムセットはたくさんの太鼓やシンバルで構成され、複数の楽器の集合体です。
これら全部でドラムセットと呼び、それぞれ単体でも名前がついています。

ライブハウス、リハーサルスタジオに置いてある一般的なドラムセットです。

① バスドラム

右足でペダルを踏んで演奏します。
ドラムセットの中で一番大きな太鼓で一番低い音がします。
ドラムのリズムの基盤、バンドのリズムの基盤を作ります。

② スネアドラム

バスドラムとともにリズムの中心になる太鼓で、裏側にスナッピーと呼ばれるワイヤーが張ってあり、独特の音がします
バスドラムがリズムの基盤なら、スネアドラムはリズムにアクセントをつける役割です。

③ ハイハットシンバル

上下にシンバルが合わさった形で、左足でペダルを踏むとシンバルが閉じ、ペダルを緩めると開きます。
右手の叩き方、左足の開け方などで様々な音色が表現可能です。
バスドラムとスネアドラム、ハイハットの3点でリズムをキープします。

④ ライドシンバル

(別名 トップシンバル
大きくて重いシンバルで、ハイハットと同じように細かい音符を演奏します。
叩く位置、スティックを当てる部分などで音色表現が可能です。
基本的にはバスドラム、スネア、ハイハットの3点ですが、バスドラム、スネア、ライドシンバルの3点になることも多いです。

⑤ クラッシュシンバル

(別名 サイドシンバル
ライドシンバルと見た目は似ていますが、ライドシンバルに比べて小さくて軽いことが多いです。
フレーズの切り替わりのときに、「ジャーン!」とアクセントを鳴らすのに使います
ライブハウスやリハーサルスタジオでは1枚か2枚セッティングすることが多いですが、もっと多くセットする人もいます。
基本的には左のシンバルのほうが音が高くなるようにセットします。

⑥ タムタム

表と裏の両方に皮が張ってある普通の太鼓です。
フィルインと言って、フレーズの切れ目で「ドコドコドコジャーン!」のように叩くときに使います。
音が高い方を左に設置し、高い方をハイタム低い方をロータムと呼びます。
2つセットすることが多いですが、1つの人もいれば3つ以上設置する人もいます。

⑦ フロアタム

フロア(床)に置くタムで、用途は普通のタムタムとほとんど同じです。
ただ、普通のタムタムと違って面積が大きく、胴が深いため低い音が出ます。
通常は1つですが、最近は2つ以上設置する人も多いです。

もっと詳しく

② スネアドラム

ドラムセットを構成する楽器の中で、使う頻度がかなり高いです。
全体のサウンドを決定づける重要なドラム(太鼓)ですので、自分で持っている人もいます。

表面

直径は大きいですが、シェル(胴)は浅いです。

裏面

両面にヘッド(皮)が張ってあり、裏面にはスナッピーと呼ばれるワイヤーが張ってあります
このワイヤーが裏面のヘッドに当たることで「ザザッ」とした独特の音が鳴ります
裏ヘッドは、かなり薄い皮でできているのも特徴的です。

チューニングは、タムなどに比べてハイピッチにセッティングすることが多いです。
表ヘッドの張り具合、裏ヘッドの張り具合、スナッピーの張り具合で様々なサウンドに調整できるので、ドラムセットの中で一番多彩な音色にセッティングできます。

ロックやポップスではバックビート(2、4拍目)に叩くことが多いほか、フィルインでも使えます。
優しく叩くとゴーストノートになり、いろんな音色表現ができます。
真ん中を叩く、端を叩く、リムショットにする・・・など、いろんな音色が出るので、一番研究しがいのあるドラムだと言えるでしょう。

Scroll to Top