どんな楽器?
エレキギター

エレキギターの歴史

エレキギターを理解するには、エレキギターの歴史を知ってもらうとわかりやすいです。
エレキギターは、アコースティックギターが発展する形で生まれました。
(すでに、ナイロン弦のクラシックギターから発展した鉄弦のフォークギターは存在していました)

1930年代ぐらいにエレキギターが誕生するのですが、その頃の音楽は音量が大きくなったり少人数になったりしてきました。
クラシックのような多くの人で演奏するスタイルから、ジャズのような少人数で演奏するスタイルに変わったイメージです。
そのような背景があり、ギターには大音量が求められるようになってきます。

ドラムやピアノの音は大きく、トランペットやサックスなどの管楽器も割と大きな音ですが、アコースティックギターは意外と音が小さいため、エレキギターが誕生しました。
最初はアコースティックギターにピックアップを付けたような構造から始まりましたが、ハウリングの問題が発生しました。
ボディが空洞だとアンプで大きくした音でボディが共鳴し、ハウリングしやすくなるのです。

その問題を解決するために生まれたギターが、ソリッドギターです。
一般的なエレキギターでイメージされるのがソリッドギターで、ボディに空洞がなく、1枚の板でできています。
ボディが振動しにくくなるため、アンプにつながないと音が出ません(少し音は出ますが音楽で使える音量ではありません)が、ハウリングしにくくなります。
(音を歪ませるとハウリングしやすくなりますが、ソリッドギターはかなり歪ませてもハウリングしません)

また、アコースティックギターにピックアップを付けたギターは、現在もフル・アコースティック・ギター(フルアコ)や、フルアコとソリッドギターの中間であるセミ・アコースティック・ギター(セミアコ)として残っています。

音が鳴る仕組み

エレキギターにはピックアップ(ボディに付いている弦の下にあるパーツ)と呼ばれる部品が付いています。
「ピックアップ = マイク」と言われることがありますが、半分正解です。
どちらも音を拾うパーツという点は正解ですが、マイクは空気の振動を電気信号に変える機械で、ピックアップは弦の振動を電気信号に変えるパーツです。

ピックアップに使われている仕組みは電磁誘導です。
電磁誘導はコイルの近くで磁石が動いたり、逆に磁石の近くでコイルが動いたりすると発電するのですが、エレキギターの場合は少し違います。

コイルの中に磁石があり、磁石の近くで鉄が動いて発電します。
コイルと磁石があって磁石の近くで鉄が動くと、磁石が動いているのと同じ効果が得られます。

ピックアップの中身はこうなっています。上に見える6つ並んだ丸は磁石で、その下にコイルが巻き付けてあります。

エレキギターは弾くたびに発電し、その発電具合によって音量や音色が変わるわけです。
その電気信号は微細なため、スピーカーにつなぐ前にアンプで増幅する必要があります。
ギターが発電した微細な信号をアンプが増幅して、スピーカーから音が鳴るという仕組みです。

Scroll to Top