エレキ

ベース教室


リズム感のトレーニングにも最適!
1曲弾けるまで簡単。早くセッションしたい方におすすめ!
ベース人口は少ないので、バンドに入りやすいかも?
地味に見えがちですが、弾けるとカッコよくて楽しいです!

旧スタジオのレッスン風景です

対象

  • ベース未経験者、初心者、中級者
  • 男女問わず、小学生以上

対象外の方

  • 自由に演奏できる方
  • プロを目指す方

楽譜

月謝の他に楽譜代が必要です。
アコースティックギターのコード譜は無料で見られますが、ベースの場合は5線譜やTAB譜が必要になってきますので、購入していただく必要があります。
(1曲350〜850円)
楽譜はご自身のものですので、レッスン以外でもご使用いただけます。

レッスン時のギター

ベースアンプは、当スタジオに2つあります。
シールド(ケーブル)もありますので、レッスンに持って来ていただくのはベースだけでOKです。

練習曲
受講者さんの好きな曲で練習します!

最初の練習曲は何でもOKです!
エレキギターはアコースティックギターに比べて希望に沿えますが、ベースはエレキ以上にどんな曲でも大丈夫です!
ただし、最初の曲ではテンポが早い曲スラップが使われている曲は避けたほうが良いため、相談させていただきます。


テクニック
必要なテクニックを実践的に!

ベースも多彩なテクニックがあって奥が深いのですが、最初は人差し指と中指の2本で交互にピッキングする「指弾き」から始めます。
他にもスラップ、3フィンガー、ピック弾きなどの弾き方がありますが、すべての基本は指弾きにあるので、原曲がピック弾きでも指弾きで練習します。
指弾きは、余弦のミュートや音の長さのコントロールなどの面で適しているからです。

ただ、最近はピック弾きがメインのベーシストも増えてきましたので、「ピック弾きがやりたい!」と決めている方は、ピック弾きでレッスンします。


操作&メンテナンス

ベースは機材の操作、ギターのメンテナンスなどのレッスンも必要になってきます。
アンプでの音作り、ベースのツマミの操作方法などは必須で、レベルが上がればエフェクターの使い方、つなぎ方など、演奏以外のレッスンは豊富にあります。

ベース販売
ご希望に沿ったベースを販売します!

ご希望に沿ったベースを販売しますので、初回は手ぶらでOKです!
安いベースセット(アンプ、ケーブル込み)なら2万円前後です。

1回目のレッスン時に購入するベースを決めていただきます。備品などをセットにして、2回目のレッスン時にお渡しさせていただくことが可能です。

すでにベースをお持ちであれば、初回レッスンにご持参ください。
また、絶対に当教室で購入していただく必要はありません。普通の楽器店で購入していただいても大丈夫です。


ベースが届くまでの間の無料レンタルベースもあります。

1回 50分レッスン♪

第1回、第2回レッスンは1時間50分

1時間50分

第1回 レッスン内容

ベースがあればお持ちください。
なければ手ぶらで結構です。

  • オリエンテーション
  • レッスン、予約、月謝などの説明
  • 練習曲の選定
    → ご希望曲のコード進行確認、決定
  • ベース購入のご案内(希望者)
    → ベースの形や色など決定
  • チューニング
    → まずは音が出る状態にし、続いて音作り(歪まない調整)
  • 備品の説明
  • ベースの構え方、ピッキングの基礎
  • 練習曲の1フレーズを弾
    → 1回目からきれいに鳴ることはありませんので、コードを押さえるコツをお伝えしながら練習

最後に、2回目のレッスンまで自宅で練習していただくためにベースの無料レンタルを行います。
演奏するための備品もお渡しします。

1時間50分

第2回 レッスン内容

レンタルベースをお持ちください。

  • ベース、備品のお渡し(ご購入者)
  • 備品の説明
    → 楽器店で購入された方も同様、頻繁に使うものと保管するものに分類
  • 備品の使い方の説明
    → チューナーなどの使い方
  • 初日レッスンの復習(1フレーズ)
  • 次のフレーズ以降のレッスン

残り時間(30分程度)は他の楽器の体験
ギター、ドラムなど、普段は触ることがない楽器を体験していただきます。少し自由なことができるのもレッスン時間が長い2回目の特徴です。

ベースをお持ちであれば弦交換レッスンになる場合もあります。やり方を確認しながら弦の張替えをしていきます。
(弦交換レッスンは、いつでも受講可能)

50分

第3回 以降のレッスン内容

ご自身のベースをお持ちください。

練習曲に出てくるテクニックを習得しながらレッスンを進めていきます。
または、新しいテクニックが習得できる曲をご提案させていただきながら進めていきます。

テンポ感、リズム感の練習

テンポ感とは、自分の感覚だけで一定のテンポで演奏したり、曲に合わせて弾くときにテンポがずれないようにする能力のことです。
リズム感は、演奏するフレーズを正確に小節内に収める能力です。

どの楽器でもテンポ感、リズム感は大切ですが、バンド演奏はドラムとベースが作り出すリズムに合わせて演奏しますので、ベースの場合は重要度が少し高いです。
(曲に合わせて練習したり、メトロノームに合わせて練習したりするだけです)
ギターの場合は、最初のうちはメトロノームは使いませんが、ベースは早い段階で出てくると思ってください。

エレクトリックベース
(エレキベース)

エレキギターと同じで、アンプにつないでスピーカーから音を出す。
低い音を鳴らすことができ、バンドサウンドの土台となる。

Scroll to Top