パワーコードとは?

今日はエレキギターを弾く人なら多くの人が最初に通る道、パワーコードについて解説したいと思います。

ロックギタリストを目指すなら8割方最初にやるテクニックです。

簡単でカッコよくてパワーコードでほぼ1曲いけちゃうので。

今日はパワーコードがいったいどういうものなのか解説したいと思います。

アコギの人もできるようになると便利ですし、ドラマーやベーシストの方も知識として知っておいて損はないでしょう。

 

パワーコードとは音楽理論的に説明するとルート+5度の和音のことです。

「ド」と「ソ」とか「ラ」と「ミ」とかの組み合わせのことです。

違う言い方をすると3和音のうち、3度(短3度)の音を無くしたものです。

こうやって音楽理論的に定義されるのがパワーコードです。
ですが、基本的にはギターでのみ演奏します
ピアノで「ド」と「ソ」を同時に鳴らしてもパワーコードとは言わないでしょう(笑)

ギターの場合、人差し指で6弦か5弦のどこかのフレットを押さえて2フレット離れた1本下の弦を薬指か小指で押さえます

 

この形のまま押さえる位置を動かすだけで伴奏が弾けちゃいます。
パンク系の曲にはそういうものが多いですね。

非常にロックらしい音が鳴るのが特徴ですね。

右手の手刀部分で弦に触れるブリッジミュートを併用するとよりヘヴィになりますね。

今日はパワーコードの基礎部分を解説しました。
次は発展形を解説していこうと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top