ミキサーって何?

初心者ボーカリストの方が家で練習して、カラオケで練習して、いざバンドメンバーとスタジオに!ってなったときに混乱しやすいのはミキサーでしょう(笑)

「見たことない!なんやこれ?」みたいな、「一番下にあるボリュームみたいなん上げても音出ねえぞ?」みたいな経験ありませんか?(笑)

かと言ってギタリストやベーシストにはわからないですよね(笑)

今日はそのややこしいミキサーについて解説しましょう。

 

そもそもミキサーとは何でしょう。
名前のとおり、音を混ぜる機械です。

ギター、ベース、ドラム、ボーカルみたいなシンプルな構成のバンドのリハーサルならマイク1本しか使いませんが、そこにコーラス用のマイクとか、アコギとか、キーボードとかが入ってくるとミキサーが真価を発揮します。

そのたくさん入力された音を混ぜる機械ということですね。

 

なぜ混ぜる必要があるのか。

スピーカーが2つしか無いからです。
リハーサルスタジオにはスピーカーが2つしかありません。

それはライブハウスでも同じですね。

右と左と1つずつです。

たくさん入力された音を一つにまとめて、左右に振ることでいい音楽が作れるんですよね。
ミキサーがないと一つのスピーカーに1つのマイクしか挿せないので、アンサンブルが作れないですよね。

 

当スタジオに設置予定のミキサーはYAMAHAの「MG16XU」です。

私もPAエンジニアとかでは無いので、専門外なのですがアナログミキサーの中ではわりと操作がややこしいのかな?と思います。
今までリハスタで見てきたミキサーに比べると。

詳しい使い方はまた記事にしていきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top