カポタストとは一体何か

カポタストってなんでしょう?(笑)
アコギ弾きの方なら日常的に使っている道具ですが、素人から「なにそれ?」って聞かれたらなんて答えたらいいでしょう。

「この曲を弾くときにはつけるんヤケド…」みたいな(笑)

 

今日はカポタストが一体何なのか解説したいと思います。

一言で説明すると「ギター全体の音程を上げることができるもの」です。
音楽用語を使って説明すると移調するために使うものです。

カラオケで男性が女性ボーカルの曲を歌ったり、女性が男性ボーカルの曲を歌うときにキーを上げたり下げたりしますよね。
あれが移調です。

それをギターですることができます。

 

そのカポタストは主に2つの使い方があります。
1つ目は難しいコードを簡単なコードで弾けるようにする機能
2つ目はボーカルの声やバンドに合わせてキーを調節する機能
です。

 

まずは難しいコードを簡単なコードで弾けるようにする機能から解説しましょう。
アコギ弾きなら基本的にこっちの用途が多いですね。

例えば「夜に駆ける」のコードを見てみましょう。

 A♭ B♭    Gm7     Cm7
沈むように溶けてゆくように
A♭ G7 Cm7 B♭m7 E♭7

引用元:U-FRET

となっています。

アコギで弾こうと思うとバレーコードだらけになってしまいますよね。

3フレットにカポタストをつけるとこれがこのようなコードに変わります。

    F G        Em7     Am7
沈むように溶けてゆくように
F E7 Am7 Gm7 C7

引用元:U-FRET

バレーコードが少なくなりましたね。

どうしてコードが変わるのか解説しましょう。
ギターで最初のコード、A♭を押さえるとこうなります。

次にカポタストを3フレットに装着した状態で、カポタストを無視してA♭を押さえるとこうなります。

カポタストを基準に見るとFを押さえているように見えますよね。

こんな感じでコードを簡単にできます。
長くなりそうなので、続きは明日にしたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top