エレキベースってどんな楽器?

ブログを振り返ってみたらアコギとエレキギターはどんな楽器なのか解説する記事を書いていたんですが、ベースは書いていなかったですね(笑)

少し今更な感じがありますが、あらためて解説したいと思います。

近日中にベース教室のページに再編集して掲載したいと思います。

 

まず、ギターは名前を聴いたら形とか音とかのイメージがしやすいですよね。
でもベースの音ってわかりにくいですよね。

低音を鳴らしているんですが、言葉でどの音か説明するのは非常に難しいです。

2ndくらす。の曲でベースありとベースなしの音源を作ってみたので、聴き比べてみてください。

ベースあり

ベースなし

 

違いはわかりましたか?

今のロックやポップスの9割以上にベースが使用されています。
他の曲を聴くときもぜひ気にしてみてください。

ヘッドホンをつけるとわかりやすいです。
スマホなどについている小さいスピーカーではベースの低音域まで再生できないことが多いので。

 

このベースですが、音が鳴る仕組みはエレキギターと全く同じです。
こちらの記事をご覧ください。

 

音が低いこと以外の特徴としては弾き方にあります。

ギターは主にピックで弾くのに対して、ベースは指でピッキングします。
人差し指と中指で交互に弦を弾く方法が一番基本になります。

もちろん、親指を使う弾き方とかピック弾きとかもあるのですが、人差し指と中指の指弾きが基本ですね。

 

アンプはベースアンプを使います。
基本的な構造はギターアンプと同じですが、ベースの音がきれいに聴こえるように最適化されています。

 

こんな感じでしょうか(笑)

なかなか説明するのが難しい・・・

興味のある方はぜひ体験レッスンに起こしください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top