エフェクターって何?

エレキギターやベースを始めて少しすると、演奏するには「エフェクター」が必要、みたいな話を耳にします。

アンプで歪みは作れてもそれ以外の積極的な音作りはできないので、エフェクターを買う必要が出てきます。

今日はそのエフェクターって何なのか、軽く解説してみたいと思います。

エフェクターとはギターやベースのサウンドにエフェクト(効果)を与える機材です。
普通にギターやベースを弾くとギターの音しか鳴りませんが、間にエフェクターをかませることでいろんな効果音が得られるんですよね。

アンプでもできますが、エフェクターで音を歪ませたり反響音や残響音を追加したり。
うねるようなサウンドにしたり、まあいろんなことができます。
音程を変えたりもできますね。
「ド」を弾いたのに「ミ」の音が鳴るようにしたりとか。

こういう積極的な音作りはもちろん、細かな調整をするのもエフェクターの役割です。
イコライザーで音を調整したり、コンプレッサーで音量を調整したり。

 

種類は腐るほどあるので全部紹介したりすることはできませんが、まあ凝りだすと止まらないですよね(笑)

もし、そういう機材に興味があるという人はレッスンの時に聞いてください。
どういったものがあって、どういうものを買えばいいのかアドバイスさせていただきます。

先程も書いたようにいろんな種類がありますので(笑)

ギターの上手い人はテクニックが上手いのはもちろん、エフェクターやアンプを使った音色づくりも上手いです。

少しずつ、そういった部分もレッスンしていきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top