ダイレクトボックスって何?

エレキギターやエレキベースをやって少したつとダイレクトボックスという機材に出会います。

略してDIって言われるときも多いですね。

最初はとっつきにくい機材だと思います。
練習のときは使わないし、使っても音が変わるものでもないし

よく見るのはトップ画像にあるBOSSの、「DI-1」じゃないでしょうか。
多くのライブハウスなどに常設されていますよね。

今日はそんなダイレクトボックスの役割について解説しましょう。

 

役割は大きく2つあります。
インピーダンスを下げる役割ノイズに強くする役割です。

一つずつ見ていきましょう。

 

インピーダンスを下げる役割

インピーダンスって何?ってとこからですよね。

詳しい話をしているとキリがないので、めっちゃ簡単に説明すると抵抗のことです。
単位はΩ(オーム)ですね。

電流の流れにくさみたいなもんです。

音響機器とか電気を使う楽器の出力と入力のそれぞれにインピーダンスがあります。
出力インピーダンスがいくつで、入力インピーダンスがいくつで…みたいな(笑)

そして、高い出力インピーダンスから低い入力インピーダンスに電気は流れにくいです。
基本的にはつないではいけないと思ってください。

ギターやベースのインピーダンスはめっちゃ高いです。
それをそのままギターアンプやベースアンプ以外の音響機器につなぐことはできないんですよね。

普通の音響機器は入力インピーダンスが低いので。

ギターアンプ、ベースアンプ以外の音響機器にギターやベースを接続するのにはインピーダンスを下げないといけません。

そのインピーダンスを下げる役割をダイレクトボックスが担っています。

 

ちょっとややこしい話になってしまいましたね(笑)
ギターやベースをアンプ以外の機器に接続するときに間に噛ませるものがダイレクトボックスだぐらいに思っていただいてOKです。

ノイズに強くする役割はまた次回にしたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top