クラシックギターって何?

アコースティックギターは大きくわけて2種類あります。

フォークギタークラシックギターですね。
楽器屋さんに行くと2種類並んでいるのですが、最初はどっちが何かわからないと思います。

今日はその違いなどを軽く解説したいと思います。

まず、当教室でレッスンしているのはフォークギターです。
弦には金属が使われており、弾き語りやバンド等様々なジャンルで演奏されます。

反対にクラシックギター弦にガット(最近はナイロン)が張られています。
柔らかく丸い音が特徴的ですね。

 

違いをいくつかみていきましょう。

弦の違いは先程書いたとおりです。

次に指板が違います。
フォークギターには指板やフレットにカーブがついています。
3,4弦あたりが山になっていて1弦側、6弦側が低くなっています。

お手持ちのギターをみてみてください。
ちなみに、エレキギターやベースでもカーブはついているので、チェックしてみてください。

しかし、クラシックギターのフレットは真っ直ぐです。

カーブしている方が指にフィットするので、フォークギターのほうが進化しているということですね。

また、クラシックギターはポジションマークが無いモデルが多いです。
目印が無いので押さえにくいですよね。

他にも弦が違うため、ヘッドやブリッジで弦を固定する構造が違ったりしますね。

 

よかったら楽器屋さんで見比べてみてください。
当スタジオにクラシックギターはありませんので・・・

 

また、ちょっとややこしいのが、フォークギターのことをアコースティックギターと言うことが多いことです。
最初に書いたとおり、アコースティックギターの中にフォークギターとクラシックギターがあるのですが、アコースティックギターって言うとフォークギターのことを指すことが多いです。
なので、会話の中でアコースティックギターとかアコギって出たときは、基本的にフォークギターのことだと思ってください(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top