アンプって何?

音楽をやっているとアンプっていう言葉をよく使いますよね。

ギターアンプとかベースアンプとか。
キーボードアンプなんてものもありますよね。

他にもプリアンプとかパワーアンプとか。

 

アンプって聴くとどんな形のものを思い浮かべますか?

音楽をやっている人の多くはこんな形のギターアンプやベースアンプを思い浮かべるでしょう。

でも音楽をやっていない人は「これってスピーカーじゃねえの?」って思うでしょう(笑)

アンプかスピーカーか、どっちも正解です。
写真のこれはアンプでありスピーカーでもあります。

正確に言うとアンプ付きスピーカーとでもいいましょうか。

 

ではアンプとは何か
アンプとは信号を増幅する機械です。

ギターアンプで言うとこの赤枠の部分にあたります。

その下の部分は見た目通りスピーカーです。
ギターアンプのことをスピーカーって呼ばれるとちょっと違和感があるんですが、音がなる部分はスピーカーです。

 

では、信号の増幅とは一体何か

ギターから送られてくる信号は非常に微弱です。
だって、ギターに電源はないですしね(笑)

その微弱な信号をそのままスピーカーに送っていては音はなりません。

その微弱な信号を大きくするのがアンプの役割です。
厳密に言うとギターアンプは音作りをするプリアンプと増幅するパワーアンプに別れているんですが、ちょっとややこしいので今は置いておきましょう。

信号を大きくするのがアンプだと思っていいでしょう。

ギター以外にもアンプはあります。
マイクにもアンプが必用です。

マイクから出る信号はギターと同じで非常に微弱なので増幅する必用があるんですよね。
ただ、マイク用アンプとかボーカルアンプとかって言わないですよね。

一般的にはミキサーの中にアンプが入っていたり、スピーカーの中にアンプが入っていたりします。
スタジオやライブハウスの機材では、ミキサーやスピーカーとは別にパワーアンプを設置している場合も多いですが。

パワーアンプはこんな感じです。

引用元:サウンドハウス

とにかく、楽器から出た音やマイクで集めた音は基本的に微弱なので、アンプで増幅してからスピーカーに送るということですね。

 

ちなみにアンプは音響機器以外にもあります。
よくあるのが電波のアンプですね。
ラジオの電波を増幅したりします。

アンプとは何かってわかりましたか?
ギターアンプとかベースアンプをみんなアンプって呼ぶからちょっとわかりにくいんですよね(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top