ボリュームノブの回し方

エレキギターやベースでボリュームノブってけっこう触りますよね。
演奏するときは音を出して、演奏しないときはボリュームを0にしますので。

素早く回せると楽ですよね。
今日はその回し方を解説しようと思います。

まあ、別にどんな回し方でもいいのですが、使えるようになると便利なので知っておくといいでしょう。

 

まずはボリュームノブが一つだけのモノの場合から。
ストラトキャスターとかプレシジョンベースとかですね。

小指を使うスタイルがおすすめです。
ボリュームを上げるときはボリュームノブに小指の付け根から手首の間あたりを当てます。

そこから腕を上に引いていくとボリュームノブが回ります。

 

ボリュームを下げるときは反対に小指の先をノブに当てて、ノブに沿って腕を下げていくとボリュームが下がります。

これだと人差し指と親指でクルクル回すより、ワンモーションなので素早く動かせます。

モデルによってはなかなかスムーズに回らないものもあります。
ノブ自体が固い場合ですね。

そういうときは少し小指を巻き込むようにするといいでしょう。

 

レスポール、ジャズベースなどボリュームノブが2つある場合ワンモーションで両方のボリュームを動かすのは難しいです。

なので、2つのノブを同時に動かすだけで素早くなると思います。

このように親指で手前のノブ、人差し指で奥のノブを回します。

指を押す方向に回すとボリュームが上がり引っ張る方向だとボリュームが下がります。

基本的には両方のボリュームを上げた状態で演奏するので、こうやって2つ同時に回せるといいですね。

 

いかがでしょうか?
少しでも練習がスムーズになるといいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top