ボーカルのレコーディング方法!

レコーディングセッションでのボーカルのレコーディング方法について書きたいと思います。

ギターとかドラムはちょっとややこしいことを書きましたが、ボーカルは一番シンプルです。
マイクで声を録るだけ。

以上!(笑)

 

もう少し詳しく書きましょう。

レコーディングにはコンデンサーマイクを使います。
カラオケとかにある普通のマイクをダイナミックマイクと言うのですが、レコーディングではコンデンサーマイクを使います。

簡単に言うと繊細で細かい音までしっかり録れるマイクです。

手に持って歌うことができないので、ライブとかでは使えないですが、レコーディングではいい音で録るためによく使います。

 

もうひとつ使うのはポップガードです。
マイクの前に立てるネットですね。

主に3つの役割があります。

①マイクに唾が飛ばないように
②マイクに息がかからないように
③マイクとの距離を一定に保つように

①②はマイクの保護と雑音の防止ですね。
マイクに息が直接かかるとファッと息の音が入ってしまいますので。

③は音量の均一化ですね。

こんな感じでレコーディングしていきます。

 

以前も書きましたが、ボーカリスト募集中です。
歌いたい!という人はぜひご連絡ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top