イコライザーをいじってみよう

エレキギターやベースを弾いている方、イコライザーは使っていますか?

初心者のうちはぶっちゃけ使っていないと思います(笑)
私も始めたばかりのときは全然使っていませんでした。

ゲインは歪の量が変わるので変化がわかりやすいのですが、イコライザーって回してもあんまり音が変わらないので使ってなかったんですよね。

しかし、エレキギターやベースの音作りにおいてイコライザーは非常に重要です。

音作りの基本と言ってもいいでしょう。

 

イコライザーは12時の方向、真上に揃えるのが基本だという話はいつもしています。

そこに設定した後少し前後に動かしてみるといいでしょう。

どのツマミをどう回したらどういった音の変化があるのか、というのを感じることができるようになるのが第一歩ですね。

単純にコードをジャーンと鳴らしても耳が鍛えられていると低音の成分が多いとか、高音の成分が少ないとかっていうのがわかるようになってきます。

曲を聴いてこの音と同じような音が出したいなって思ったらどういったセッティングにしたら近づくのかというのも感覚でわかるようになってきます。

 

まずはそういった耳を鍛えるということですね。
鍛えるにはそういった意識をもってイコライザーを動かしてみるのが第一歩です。

地味な話ですが、練習を始める前に少しいじってみるといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top