チューナーアプリを紹介!

少し前にスマホのメトロノームアプリを紹介しました。
今日はチューナーアプリを紹介しようと思います。

まず、ぶっちゃけあんまり使いません(笑)
メトロノームはアプリをけっこう使いますが、チューナーアプリを使うことはほとんど無いですね。

メインで使っているチューナーのunituneがめっちゃ便利なのと、仕事場が固定なのでチューナーが無いっていうシチュエーションがほとんど無いからです。

ただ、一応なんかあったときのためにチューナーアプリも入っているって感じですね。

 

使っているのはピッチドチューナーです。
先日紹介したメトロノームアプリと同じシリーズのやつです。

同じシリーズなのでメトロノームアプリのメニュー画面からすぐに切り替えることもできます。

シンプルなクロマチックチューナーですね。
他のアプリではギターように特化したやつとかありますが、こちらはクロマチックチューナーのみです。

まあ、中途半端にギターしかチューニングできないやつよりクロマチックチューナーのほうが便利ですね。
ダウンチューニングとかカポタストをつけた状態のチューニングなどもスムーズにできますし。

 

正直、見た目はちょっと見にくいです。
ぴったりになったら色が変わるとかがあったらもっと見やすいですね。

また、針のメモリがセントになっており、下に周波数が表示されています。
ここに何セントずれているのかの表示もあればベストですね。

 

精度は全く問題ありません。
低く見積もっても±1セント単位で合わせることができます。
このチューナーで合わせたあとunituneでチェックしたらすべて緑の範囲に入っていたので、±0.5セントぐらいの精度もありそうです。

 

いつもはチューナーを使う人も一応チューナーアプリを入れておくといいでしょう。
もしものために。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top