速いところはしっかり叩く

ドラムのフィルインで手順が速いところってたまにありますよね。

どれだけの速さで速いと感じるかどうかはレベルによってかなり差がありますが。
今回は初心者向けの記事です。

速く叩くにはいろんなテクニックがあり、アップダウンストロークを使った方法グラッドストーン奏法などいろいろあるのですが、マスターしようと思うとけっこう大変です。
しっかり基礎練習をしてじっくり練習すればできるようになりますが、手っ取り早く叩けるようになりたいというのも本音でしょう(笑)

 

その時のポイントはスティックを大きく動かすことです。

速いところはスティックの動きを小さくして、細かく叩くと思われがちなのですが、場合によってはそうではありません。
グラッドストーン奏法の最速領域になってくるとスティックを大きく動かすと動きが遅くなってしまうので、振り幅をできるだけ小さくしていくのですが、今回はそうではありません。

あくまで、そういった奏法がマスターできていない初心者向けなので。

 

初心者が速いと感じるフレーズはそこまで必要ではありません。
和太鼓みたいに思いっきりスティックを握ってオラオラッと叩いても叩けることが多いです。

そういったときに重要なのがある程度大きくスティックを動かしてしっかり叩くということです。

スティックの振り幅が小さいとどこで叩いているのかはっきりせず、回数を間違えたりリズムをミスったりしやすいです。
ただ、思いっきりた叩きすぎると手を痛めてしまったりすることもあるので注意が必要です。

ある程度しっかり叩いてやることでリズムがハッキリして速いフィルインが叩けるということですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top