コンサートの撮影について考えてみる

日本人のライブ、国内のコンサートでは会場内撮影、録音禁止が一般的です。
写真も動画も音声もNGですね。

海外ではわりとOKなところとが多いみたいですね。
YouTubeでライブ映像とかちょっと見たらけっこうみんなスマホ片手に見てますよね。
このへんは文化の違いでしょう。

 

そんな中、少し前にONE OK ROCKのライブで撮影許可が出たってちょっと話題になってますよね。
代々木の公演でアンコールの時に撮影していいよってことになって、みんな撮影しだしたら場が盛り下がっちゃってボーカルのTakaが釘を刺したみたいな。

実験的な試みを含んだ内容だったみたいですね。

私はワンオクの音楽は好きですが、ファンではないですしコンサートも行ったことはないので詳しい話は避けますが、「撮影すると盛り下がるから撮影しないほうがいいだろう?」みたいな問いかけにも感じましたね。

興味のある人は検索してみてください。
「ワンオク 撮影許可」とかで検索したらすぐに動画とか、記事とかが出てきますので。

 

そんな話を聞いてコンサートの撮影ってどうなんだろう?ってちょっと考えました。

まあ、結論から言うと「ルールとマナーを守りましょう」ってことなんですが(笑)

日本でもセカオワとかゆずなどの一部のアーティストのコンサートでは撮影が許可されている場合があるようですね。

 

しかし、中には「ライブは生で感じるもので、撮影するなんて言語道断だ!」みたいな考えの人もいるみたいですね。

正直、私は音楽の楽しみ方って人それぞれだと思うんですよね。
生ライブを体で感じで踊り狂うのもいいですし、撮影するのが楽しいのなら撮影していいと思いますし、ロックバンドのライブを座って静かに聴いたっていいじゃないって思います。

ただ、ルールとマナーは守りましょう
撮影がダメなコンサートならもちろん撮っちゃいけないですし、撮影OKだったとしても後ろの人の視界をずっと塞ぐようなら撮影方法を考えるべきだと思います。

まあ、私は演奏でお客さんをたくさん呼ぶことはできなので、もしメジャーなミュージシャンとかになれたら考えも変わるかもしれませんが(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top