最近思うこと「生ドラムを叩く大切さ」

最近ドラムの練習をしていて思うことが生ドラムを叩く練習の大切さです。

週に1回ぐらいスタジオでドラムの練習をしているんですが、練習するたびに生ドラムっていいな」って思います。
何を今更っていう感じでしょうか(笑)

なぜかめちゃめちゃ練習がはかどるんですよね。

最近ONE SHOTHIT IN THE USAの練習を中心にしていたんですが、家で電子ドラムを叩いたり素手練習をしていてもなかなか叩けるようになりませんでした。
それが生ドラムで練習したらすぐに1曲通して叩けるようになったんですよね。

本当に練習がはかどります。

ちゃんとした音が出ることでフレーズもイメージしながら叩きやすいですしね。
もちろん、素手練習などでイメージしながら叩くことも大切ですが、生ドラムを叩いたほうがよりリアルにはなりますよね(笑)

以前どこかで書いたと思いますが、できれば週1回ぐらいは生ドラムを触っておきたいところですよね。

 

生ドラムの打面の感覚を忘れないようにすることも大切です。
電子ドラムや練習パットの感覚に慣れすぎてしまうと良くないですからね。

 

そしてモチベーションの維持にもいいです(笑)

練習パットでの練習ってちょっとつまんないですよね(笑)
私はストーンキラーみたいな練習はわりと好きな方ですが。

やっぱり生ドラムを叩くと楽しいですよね!
最近つくづくそう思います。

スタジオでも基礎練習や曲練習をやらないといけないとわかっていながら、ちょっと遊んじゃうんですよね。
ドコドコリズムを叩いて適当にフィルインをいれたりして(笑)

もちろん、アドリブで叩く練習もあります。
ただ、ちゃんとメトロノームをつけてやりましょう(笑)

 

現在、アシストロード事務所前にスタジオを建設する計画が進行中です。

スタジオができて、生ドラムを毎日叩けるようになると思うとワクワクします!
ただ、難聴にならないように気をつけないといけないですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です