スタジオ建設工事の進捗状況

今日はスタジオ建設工事の進捗状況を書きたいと思います。

以前の記事でコンテナが搬入されたところまで書きました。

その後、まずは壁の開口作業をしていただきました。
今回はコンテナ2つを連結させるという構造になるので、コンテナの一番大きな壁を切って開口する必要があります。

こちらが開口作業の様子です。
全部手作業でカットしていきます。

この日は壁の一部だけつなげた状態で作業完了です。
雨が降ったりしたときの対策ですね。

そして先週の土曜日、16日には一番大きな工事がありました。
仮置きした今の場所からクレーンで基礎の上に置き直す作業です。

ちなみに基礎はこんな感じです。
コンクリートで作ってもらいました。
地面から飛び出してる長さの倍ぐらい埋まってるはずなので、かなり頑丈な基礎ですね。

クレーンが来る前に壁をすべて外します。
外したあとはこんな感じ。

クレーンはこんなに大きなものが来ました。

コンテナ自体は中が空洞なので軽いんですが、今回は土地の一番端っこに建てるので、クレーンからの距離が遠いんですよね。
なので大きめのクレーンで来ていただきました。

作業中の写真です。
クレーンでコンテナを吊って運びます。

クレーンの作業自体はめちゃめちゃ早く、30分ぐらいで終わりました。
さすがプロですね。

作業完了後の様子がこんな感じです。

その後はコンテナ同士の隙間を埋めるために間にスポンジみたいなのをつけたり、コンテナが若干歪んでいるので基礎の間に鉄板を噛ませたりしていただきました。

また、基礎は6箇所あるのですが、スタジオの中央が若干たわむみたいなので、中央の下に支えを追加していただきました。

これだけ基礎がしっかりしてたら地震でも倒れないはず(笑)

 

これからは壁の接着と内装工事に入っていく予定ですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top