強弱をつける 1曲弾けたら必ず考えよう

1曲通して演奏できるようになったときに、強弱について考えていますか?
なかなかそこまで気が回らない人も多いと思いますが、気を回さないともったいないところでもあります。

特にアコギのコード弾きでは非常に重要な要素になりますね。

エレキやベース、ドラムではAメロとサビでは演奏するフレーズが変わることが多いので、自然に強弱がつくのですがアコギの場合はそうではないことが多いです。

イントロもAメロもサビもみんな同じストロークで演奏することもありますよね。

 

そういったときに強弱をつけずに平坦に演奏してしまっては非常にもったいないです。
単純にAメロは弱く、サビは強く弾くだけで表現が豊かになりますので。

もちろん弱く弾こうと意識しすぎてリズムが乱れたり、強く弾きすぎて音がバチバチ鳴ったりするのはよくありません。
正しく音量をコントロールするには右手の技術が必要です。

でも意識するだけなら誰でもできますよね。
最初は正しいコントロールができなくてもいろんな曲を弾いているうちに少しずつ正しいコントロールができるようになれば十分ですので。

まずは曲を聴いて盛り上がったところは強く、盛り下がったところは弱く弾くところから始めてみるといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top