ストラトメンテナンス記録② 「ボリュームの位置」

今日は昨日に続いて改造のポイントについて書きたいと思います。

昨日はピックアップの交換について書きました。

今日はボリュームポッドの位置について書きたいと思います。

私はストラトのボリュームポッドの位置はめちゃめちゃ悪いと思うんですよね。

一般的には弾いている途中にボリューム調整がしやすいように、弦に近いところに配置したということになっています。
確かにそれはそうだと思います。

ただ、弾くところとボリュームポッドの位置が近すぎると思うんですよね。

普通に弾いている時はまだいいんですが、ブリッジミュートの時に小指が絶対にあたるんですよね
それでボリュームがちょっとずつ小さくなってしまいます。

なので今はツマミを外して使ってます。
若干マシにはなりますが、根本的な解決にはならなかったですが。

こういう経験のある人ってけっこう多いんじゃないかと思います。

 

たしかに近いほうが操作しやすいのはわかるんですが、曲中でそんなにこまめに操作しますか?(笑)

私はしません(笑)

ボリューム操作ならボリュームペダルの方が便利だと思うタイプです。
もちろん、歪の前後でボリュームの意味は変わってくるんですが…

もしかして、ストラトが開発された頃はボリュームペダルがなかったのかな?

 

ただ、ストラトキャスターは現在も多くのギタリストが愛用しており、PRSやアイバニーズといったメーカーのギターもボリュームポッドはわりと弦に近いのでそういう需要は多いんでしょう。

ネットで調べると慣れれば問題ないと書かれていますが、弾きにくいギターを持ってても仕方ないので改造したいと思います。

 

ピックガードを新しく買ったり、穴を開けたりするのは面倒なので、今ある穴の数のままボリュームを下に移設したいと思います。

やることは

  1. 一番下のトーンポッドを1つ撤去
  2. 真ん中のトーンをマスタートーンに配線して一番下に移設
  3. ボリュームポッドを真ん中に移設
  4. 一番上の穴を開けていても仕方ないので、そこにはハムバッカーのタップスイッチを作成

という感じですね。
ストラトの場合、リアピックアップにはトーンが効かないんですが、ハムバッカーにはトーンを効かせたいのでちょうどよかったですね。

 

ちょっとややこしくてマニアックな話になってしまいましたが、完成したらあらためて配線なんかも紹介できたらと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top