ストラトメンテナンス記録① 「ハムバッカー」

今日は持っているエレキギターのメンテナンスをしました。
と言ってもまだ終わってないんですけどね。

けっこうな大工事を予定してますので。

おそらく何日かにわけて作業することになるでしょうし、何回かにわけて記事にすると思います。

今日はどのギターをどうメンテするのか書きたいと思います。

 

まず、メンテするギターはこちら

フェンダージャパンのストラトキャスターです。

私が中学生の時に買ったギターですね。
買った時は6万円ぐらいしたと思います。

なんだかんだ言って私の持っているギターの中では高い方です。
最近買ったオベーションとかエピフォンとかと同じ価格帯ですからね。

このストラトのメンテの目的は大きく2つです。
1つ目がピックアップの交換です。

普通のストラトなので、シングルコイルピックアップが3つついてます。
なので、Theストラトって音がします。

その後、ハムバッカーの音がほしいなってなって買ったのが、エピフォンのレスポールです。

買ったあとしばらくレスポールをエレキギターのメイン機として使ってたんですが、最近よく思うのが弾きにくいってことなんですよね(笑)

レスポールの見た目はめちゃめちゃ好きできにいってるんですが、ハイポジションが圧倒的に弾きにくいんですよね。

買うときにそこまで考えてなかったです(笑)
ストラトの次はレスポールやろ!みたいな感じで思ってました(笑)

あと、このレスポール、若干ハイポジ起きなんですよね。
一般人には修理できない不良です。

そんなこともあり、もう一回ストラトをちゃんと使ってみよう!と思ったわけです。

 

ただ、そうなると一番ネックになってきたのが、ノイズです。
シングルコイルピックアップは歪ませるとすぐにノイズを拾います。

わりとギターは歪ませて演奏したいタイプなのでけっこうノイズが気になるんですよね。

そこで、買ったのがこちら!

シングルコイルサイズのハムバッカーです。

普通のハムバッカーをつけようと思うとボディを削ったり、ピックガードを交換したりしないといけないので、こちらを買いました。

ただ、安物なのでどこまで力を発揮してくれるかは未知数です…(笑)

おっと、思ったより長くなってしまいましたね。
目的の2つ目は明日にしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top