ミキサーの使い方12 「ステレオチャンネルのコントロールノブ」

今日は前回の続きで9/10、11/12のステレオチャンネルを解説したいと思います。

前回は入力ジャックを解説しました。

コントロールノブを順番に見ていきまそう。

 

ゲインモノラルと同じです。
入力音量を調節します。
音が割れないように調節しましょう。

キャノンコネクタは+20〜+64dB、フォンコネクタはー6〜+38dBの間で調節できます。

 

赤いボタンファンタム電源のスイッチです。
ここにありますが、このスイッチは入力チャンネル全体に影響するスイッチなので説明は飛ばしましょう。

 

イコライザー普通の3バンドイコライザーです。
モノラル入力チャンネルではMidで調節する周波数を変化させられますが、ステレオ入力チャンネルでは2.5kHzで固定されています。
ステレオ楽器では楽器側で細かくEQ処理できるので省略されているのでしょう。

 

AUXモノラルと同じです。
AUXがなにかわからない方はこちらをご覧ください。

ミキサーの使い方 5 「AUXとは」
ミキサーの使い方 6 AUXの意味
ミキサーの使い方7 AUXの使い方2

 

PANノブはステレオ入力チャンネルの場合BAL(バランス)ノブに変わります。
まあ、機能は一緒ですね(笑)
左右のどっちから音を流すかなので。

9/10、11/12チャンネルの場合はモノラルチャンネルとしても使えるので、PAN.BALと2つ書いてあります。

 

オンオフスイッチ、PEAKランプ、フェーダー、出力切り替えスイッチ、PFLスイッチの機能はモノラル入力チャンネルとまったく同じです。

 

今日はこの辺にしましょう。
次回は隣の13/14、15/16チャンネルを解説していきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top