アコギ教室を始める理由

昨日はアコギはエレキギターに比べて、始めたては難しいということを書きました。

しかし、サウンドタイムではアコギ教室からスタートする予定です。

今日はその理由を書きましょう。

理由① 手軽

まずは手軽さですね!
エレキギターの場合、アコギに比べて必要な備品が多いです。
アンプケーブルはもちろん、ちょっとうまくなってくるとエフェクターなんかも欲しくなっちゃいますよね。

その点、アコギはギターだけあれば演奏ができます。

買うものが少なくて済むというのはいいですよね。

理由② 一人で完成できる

エレキギターはバンド内の楽器として使われることが多いです。
エレキギターソロだけの曲とか、エレキギターでの弾き語りとかあんまりないですよね。

その点アコギは弾き語りというスタイルで完結させることができます。
一人で曲が完成できると達成感も大きいですよね。

昨日紹介したエレキギターのパワーコードなんかは1曲通すのには簡単ですが、ちゃんと曲になった!という感じはあんまりしないです。
バンドと合わせることができて初めて達成感を味わえる感じですね。

理由③ 難しいから最初にやる

最初に難しい方をやっておけばあとが楽ですよね(笑)
私はアコギから始めたので、エレキギターを始めた時はけっこう楽でしたね。

ソロは難しかったですが、バッキングはすんなり始めることができました。
アコギ→エレキという流れはいいんですが、エレキ→アコギという流れは初心者のうちはなかなか難しいかもしれません。

パワーコードがいくら弾けても通常のコードは弾けません。
しかし、普通のコード(ハイコード含む)が演奏できると、パワーコードは指を減らすだけでいいので簡単です。

理由④ 楽譜がいらない

アコギを弾く場合は、歌詞の上にコードが書かれた「コード譜」を使用します。
もちろん、ちゃんとした五線譜もあるのですが、あんまり見ないですね(笑)

有名な曲はほとんど無料でコード譜が公開されています。
「曲名 コード譜」で検索してみてください。
3件ほどヒットすると思います。

曲ごとにお金がかからないっていいですよね。

エレキギターの場合、最初はバンドスコアを買う必要があります。
耳コピできるようになったら楽譜はいらないのですが、最初はできないですよね。

バンドスコアは1曲500〜1,000円ほどします。
何曲も収録されている本で買うと1曲あたりはもう少し安くなるかもしれませんが。

曲をやるたびに買うとなるとけっこうな出費ですよね。
バンドでやるならいいですが、個人練習のためだけに買うとなると若干ためらってしまいます。

楽譜にお金がかからないというのもアコギのいいところですよね。

 

どうでしょう。
アコギは手軽でお金がかからないのでおすすめしています。

弾けるようになると楽しいですしね!

みなさんもアコギを始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です