スポンジが剥がれる

最近、ドラムレッスンに来られた方や個人練習に来られた方にはお見苦しい内ドアをお見せしております。

吸音スポンジがめっちゃ剥がれるんですよね(笑)
当スタジオのドアは2重扉になっていて、内ドアは鉄板でできた重たいドアを使用しています。

その表面には吸音スポンジを貼っているのですが、めっちゃ剥がれます。

けっこう強力な両面テープで貼っているのですが、剥がれちゃうんですよね。

やっぱりスポンジは貼りにくいんでしょうね。

 

また、気温が変わると少し伸び縮みするみたいですね。

最初はぴっちり寸歩を測ってぴったりになるようにしたのですが、今はスポンジ同士に少し隙間があいてしまっています。
波の形がピッタリ合うように測って切るのはけっこう大変だったんだけどなあ(笑)
まあ、どうしようもないですね。
手作りの限界でしょうか(笑)

このままでは見た目が不細工なので、剥がれないような接着方法を検討中です。

 

ちなみにこの波型は音を分散させスポンジが音を吸収する能力があります。
防音室はもちろん、オーディオに凝る人は部屋の反響しやすい位置やスピーカーの後ろなどに貼って反響状態を変えるために使います。

当スタジオでも鉄板がむき出しよりちょっとマシになっているはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top