楽曲紹介「メギツネ」

以前にBABYMETALを紹介したのを覚えていますでしょうか。

中毒性あり「BABYMETAL」
1ヶ月半ぐらい前ですね。

私はいろんな音楽にハマってはちょっと飽きて、また次のジャンルやアーティストにハマってというのを繰り返すタイプなんですが、BABYMETALブームは意外と長く続いてます。

車を運転するときにはよく聴きますし、レッスン室の掃除をするときのBGMによく聴いてます(笑)

今日はBABYMETALの中で私の好きな曲を紹介したいと思います。

一番好きな曲は「メギツネ」ですね。

 

BABYMETALのコンセプトの一つである「日本の伝統音楽とメタルの融合」がわかりやすく表ている曲だと思います。

初っ端から三味線?琴?っぽい楽器でリフが刻まれてますよね。
曲の真ん中らへんのテンポが変わるところでは日本の伝統的な曲、「さくらさくら」のメロディーが使われてます(笑)

と、要所要所に日本っぽさを入れてますが、曲全体としてはずっと和楽器が使われているわけではなく日本的な音階だけで構成されているわけでもなく以外に普通のメタルです。
(普通のメタルって何だ?笑)

なので、日本的な要素を印象付けしつつ、全体的にはクセがなく聴きやすい曲なんじゃないかなと思います。

 

一応ジャンル分けするとメタルになるんでしょうが、メタル要素は少なめですね。

リフがシンセ中心に作られていることや、サビに入るまで(1:10あたりまで)はギターもドラムもメタルにしては控え気味ですよね。

メタラーじゃない人でも気軽に聴けるようにとアレンジされているような気がしますね。

本当に聴きやすい曲なのでぜひぜひ聴いてください。

 

歌詞も面白いですよね。
10代の少女が歌う歌詞じゃねえだろってね(笑)

もちろん彼女達の作詞では無いですが、この歌詞を歌わせることが面白いですよね。

 

本当はもう一曲、「おねだり大作戦」を紹介しようと思うってたんですが、長くなってしまったので明日にしましょう。

音楽って本当に面白いですよね、噛めば噛むほど味が出てくる(笑)

トップ画像引用元:NAVERまとめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top