シングルコイルとハムバッカー

昨日の記事で「シングルコイル」とか「シングル」とか「ハムバッカー」とか「ハム」とか言う言葉が出てきましたよね。

一体何か解説しましょう。

これはエレキギターやベースに搭載されているピックアップの種類のことです。
ピックアップとは音を拾うマイクみたいなパーツですね。

エレキギターやエレキベースに搭載されるピックアップは大きくわけると2種類になります。

それがシングルコイルとハムバッカーです。
シングルコイルシングルとかSとかに略されます。
ハムバッカーは正確に言うと「ハムバッキングピックアップ」です。
略すと「ハム」とか「H」とかですね。

それぞれどういうものなのか解説しましょう。

まずシングルコイルから。
シングルコイルとはピックアップの基本となる形です。

上から見えている丸い金属は磁石で、下まで伸びています。
その周りに細い導線がたくさん巻かれている構造ですね。

音が鳴る仕組みはこちらをご覧ください。

https://sound-time.com/what-electric-guitar-2

作りは非常に単純です。

 

ではハムバッカーとは何でしょうか。
構造的にはシングルコイルが2つ繫がったような形をしています。

引用元:ギタリストのDTM

特徴としてはハムバッカーのほうが太い音でノイズに強いです。

シングルコイルはノイズが乗りやすいので、歪ませるとけっこうノイズが乗ります。
音は高音域がジャキジャキ言う感じでしょうか。

 

どちらも一長一短ですね。
音は好みなのでどっちがいいとかは無いですね。

見分け方は磁石の列が1列ならシングルコイル2つくっついて並んでいたらハムバッカーです。
ハムバッカーはこのようにカバーがかぶせてあることも多いですね。

 

ピックアップはギターやベースのサウンドを一番左右するパーツなので、じっくり選びたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top