島村楽器のギター備品


以前に島村楽器のオリジナルブランドについて解説しました。

私はBUSKER’Sのジャズベースを持っているんですが、ボロボロなのであんまり弾いていません(笑)

それよりもピックとかクロスとかの備品でお世話になっているんですよね。

けっこうリーズナブルで品質もいいので重宝しています。

今日はそんな備品を紹介したいと思います。

これから出てくるHISTORY(ヒストリー)もJames(ジェームズ)も島村楽器こオリジナルブランドです。

まずはピックから。

私が一番メインで使っているピックはHISTORYのピックです。
トライアングル型とティアドロップ型の両方をHISTORYで揃えています。

手触りが好きなんですよね。
一般的なセルロイド製のピックで王道と言うか癖がないと言うか、ピックと聴いたらとりあえずこの質感!というピックです(笑)

癖がなく非常に弾きやすいので重宝しています。

また、厚みのラインナップも豊富で島村楽器に行けば100%あるので仕入れやすいというのもありますね(笑)
ほしいサウンドによって厚みを変えて弾いています。

たまにトーテックス製のピックを使うときもありますが、ほとんどがこのHISTORYのピックですね。

ちなみに1枚108円です。

また、ギターレッスンで受講者さん向けに販売しているピックもこれです。
他にはフェンダーのピックもありますが。

 

ギタークロスもHISTORYのものを使っています。

目の粗いのと細かいのと2種類持っています。

こちらも面積が大きく使いやすいですね。

粗い方は弦を拭いたり、ちょっと古くなってきたのでポリッシュとかの液体を使う時によく使います。

 

あとは私は使っていませんが、Jamesの弦を受講者さん向けに販売しています。

1セット350円と非常にリーズナブルなのでおすすめです。

弦はサウンドに直結する部分なので、いい弦を買えばいい音がなるんですが初心者のうちは安い弦で十分です。
消耗品なのでけっこうな出費になりますので。

あんまり太い弦はお店でも見たことがないですが、ライトゲージより太い弦を使うことは最初のうちはそんなにないのでいいでしょう。

弦の太さとかに凝りだす頃にはダダリオとかアーニーボールとかの弦が欲しくなりますので(笑)

 

私の中での島村楽器のブランドは品質が安定しているイメージがあるんですよね。
安くて良いものが買える感じです。

お店に行けば必ずあるので仕入れやすいのもメリットですね。

これからもお世話になることが多いと思います(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top