セットドラミング以外に見るモーラー奏法

さあさあ、モーラー奏法研究の時間です。(いつの間にそんな時間が笑)

近年セットドラミングの基本奏法として注目を集めているモーラー奏法ですが、実はセットドラミング以外にもモーラー奏法の動きが見られます。

私は高校の部活で吹奏楽のパーカッションを担当していました。
その時にモーラー奏法はおろか、グラッドストーン奏法の名前すら聴いたことがありませんでした。

やっていることはガッツリグラッドストーン奏法なんですがね。

なので、これから紹介するパーカッショニストの方がモーラー奏法についてどれだけ勉強されてるのかはわかりません。
クラシックパーカッションでのモーラー奏法の応用みたいな資料を探したんですが、見つからなかったので(笑)

ただ、モーラー奏法のほうが歴史のある奏法なので、代々伝わってきた奏法の中にはモーラー奏法の動きがあるんでしょう。

 

まずはめちゃめちゃわかりやすいモーラー奏法を紹介しましょう。

さて問題です。
誰がモーラー奏法を使っているでしょう。
(モーラー奏法の要素はどんなパーカッショニストでも少しは入っていますが、典型的なのは誰でしょう)

わかる方はそこそこモーラー通ですね。

正解は左のビブラフォン(鉄琴)奏者でした!

サビのビブラフォンがメロディーを担当するところでモーラー奏法が顕著にあらわれていますよね。

マレットを振り上げる時に回外(手のひらを上に向ける動き)、振り下ろす時に回内(手のひらを下に向ける動き)の動きが見て取れると思います。

他にも、グリップの小指側が支点になっていることもわかると思います。

このへんがモーラー奏法の要素です。

 

また、右のマリンバ奏者に比べてかなりハードヒットしていることわかると思います。
ビブラフォンは鍵盤が金属でできているため、大きく振動させるにはある程度のパワーが必要なんですよね。

そのパワーを出すためにモーラー奏法を利用しているんですよね。

ちなみにマリンバをビブラフォンと同じパワーでハードヒットすると鍵盤を傷めます(笑)
そんなにハードヒットしなくてもしっかり鳴ってくれますので。

 

他の動画でも見てみましょう。

先程の動画に比べるとわかりにくいですが、一番右の人の回内、回外の動きが見られます。

2:52〜と3:50〜が少しわかりやすいかな(笑)

 

マリンバ奏者にも同じような動きがあります。

左の人が回内、回外でストロークしていますね。

 

どうでしょう。
モーラー奏法の動きがわかってきたでしょうか。

この動画を見てこんなのはモーラーじゃない!という人はちょっと難しく考え過ぎです。
あなたが思っているモーラー奏法はかなり近代的に進化したバージョンです。

本来のモーラー奏法はもっと簡単な動きなんですよね。

今回はパーカッションでの話でしたが、この動きはセットドラミングにも十分応用できるので、参考にしてみてください!

トップ画像引用元:打楽器奏者 嶋崎雄斗 official web site

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top