セッション曲解説 「前前前世」

しばらくやってなかったですが、セッション曲解説をぼちぼち再開したいと思います。

27日のセッションに向けて新曲の解説をしていきたいと思います。

今日解説するのはRADWIMPS「前前前世」です!

言わずとしれた映画「君の名は」の主題歌ですね。

誰もが一度は聴いたことがある名曲でしょう。

聴くのはものすごいいい曲なんですが、演奏するとなるとどのパートもそこそこ難しそうな雰囲気がしますね(笑)

テンポはBPM190です。
けっこう早いですね(笑)

ガッツリ8ビートの曲なのでそこそこ忙しそうです。

パートごとに解説しましょう。

ドラム

私の苦手なタイプのドラミングですね(笑)
アドリブが入れにくい感じです。

かなり作り込まれて洗練されたドラミングとでも言いましょうか。

スネアドラムのアクセントの位置がフレーズによって変わるのもややこしいポイントですね。
Bメロとサビは違いますし、サビも1回目と2回目ではアクセントの位置が変わります。

けっこう難しいので思いっきり簡単にしてしまいましょう!

簡単にする方法を解説しましょう!

まずは曲を通して使用するパターンを4つに絞ります。
(4つでもそこそこ多いんですが笑)

1つ目はイントロの前半やAメロ、ブリッジで使えるパターン
バスドラを4分音符で踏みながら手でハイハットを叩きます。

微妙に変化がついているんですが、無視して1小節のパターンで押し切りましょう(笑)
ブリッジでは間にスネアが入れられるといいですね。

2つ目はイントロの後半やBメロなどで使えるパターン
表拍にスネアとハイハットオープン、裏拍にバスドラムというパターンですね。

3つ目はCメロで使われているテンポが半分になったようなパターン

4つ目はサビで使えるオーソドックスな8ビートです。

それぞれのパターン内でも変化しているんですが、無視して4つのパターンを作って繰り返しましょう。
これでかなり難易度は下がるはずです。

フィルインは手足のコンビネーションが多いです。

手だけの簡単なフィルインにしてしまいましょう。

BPM190の8分音符を片手で刻めない人は4分音符にしちゃいましょう(笑)

なかなか難しいドラミングですが、簡単にして乗り切っていただけたらと思います。

トップ画像引用元:TAP the POP

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top