セッション曲解説 「シルエット」パート2

昨日の記事でドラムの解説をしたので、今日はギターの解説をしたいと思います。

もう一度動画も貼っておきます。

サイドギター

始まりは「ないものねだり」みたいな感じですね。

全体としてコード弾きが中心です。
コードが変わるのはほとんど1小節ごとですが、テンポが速いので切り替えはけっこう忙しそうです。

完コピするには、普通の押さえ方ではないところがたまにあるので注意しましょう。
まあ、普通のコード弾きでも大丈夫でしょう(笑)

リードギター

イントロのギターリフはテンポは速いですが8分音符なので以外と簡単ですね。
その後のギターソロも問題ないでしょう。

意外に難しいのがAメロ後半のリフです。
ボーカルの2フレーズ目ですね。

ミュートが多用されています。
ミュート音とミュートじゃない音を切り替えるのは、けっこう難しいです。
しかも高音域のミュートは難しいです。
音を伸ばさないようにするのはもちろんですが、完全に止めてしまわないようにしましょう。

Bメロとサビはオクターブ奏法ですね。
ほとんどが1小節単位での切り替わりなので、難しくないでしょう。
ノリよく楽しく演奏しましょう。

ギターが1本しかないバンドの場合、オクターブ奏法コード弾きかどちらを演奏するのか迷いますね。
サビ感を出すにはオクターブ音がほしいところですが、和音系がなくなるのも微妙な気がします。
やってみて良いように聴こえた方にしましょう(笑)

Cメロではワウペダルを使ったプレイもありますね。
できるとカッコいいだろうな〜(笑)

3番のサビはオクターブ奏法のギターが2本になってます。
ルート音と3度高い音ですね。

ギターが3人いるバンドは珍しいと思うので、完コピは難しいでしょう。

アウトロのギターソロも基本的には難しくないんですが、途中で16分音符の連打が出てきますね。(7,8小節目)
左手はあんまり動かないですが、この速さのピッキングはなかなか難しいでしょう。

 

ギターもドラムと同じで演奏できると非常に楽しい曲だと思います。

テンポが速いですが頑張りましょう!

トップ画像引用元:Amazon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。