セッション曲解説 「ONE SHOT」パート3

ONE SHOTの解説も3日目になりましたね。
正直、こんなに書けるとは思っていませんでした(笑)

これだけ書けたなら、バンドスコアが無いからあんまり書けないなんて言わなかったらよかったな(笑)

まあ、続けましょう!

ベース

基本的には普通の指弾きだと思うんですが、Aメロの3小節目や7小節目1弦側でスラップのプルみたいな音が出ていますね。
どうやって出しているんでしょうか。
その部分だけ人差し指か中指を引っ掛けるように演奏しているんでしょうか。

Bメロではけっこうハイポジションも多用されています。
スムーズにハイポジションも演奏できるとかっこよさそうですね。

Bメロでもスラップのような音が聴こえる気がするんですが、どうなんでしょう(笑)
私はスラップができないので、できないことはあんまり書けないんですよね(笑)
どう演奏しているのかわかる人がいたら教えてください。

他にもスタッカートやらハンマリングやら、いろいろテクニックが駆使されているので難しそうですね。

非常にカッコいいベースラインです。
こんなベースが弾けるようになりたいです(笑)

ボーカル

この曲の鬼門じゃないでしょうか(笑)
ラップなので普通に歌うのとはまた違う能力が求められそうな曲ですね。

あと、ほとんど英語ですね(笑)
歌詞を覚えるだけでも一苦労ですね。

英語を歌うのが苦手な人は聴いたままをカタカナで書いた歌詞カードを作ってみるといいですよ(笑)
私も作りました。
こんな感じです。

字が汚いのは見逃してください(笑)

聴いたまま日本語に書きます
これを読んで歌ったらどう聴こえるかはわかりません(笑)
ただ、最低限歌えるようになれます(笑)

素人の考えなので、うまくなりたい人は英語が歌える人に教わりましょう!

余談ですが、カラオケで歌ったときに採点の音程がほとんど出ないんですよね。
AメロとCメロとサビはなぜか間奏扱いでした(笑)

 

どうでしたか?

バンドスコアは無かったですが、思ったより書けましたね(笑)
どのパートもけっこう難しそうですね。

ただ、できるようになると演奏の幅が広がるのでチャレンジする価値はありそうです。
私のドラムはノリでなんとかします(笑)
けっこう思いっきり叩けそうなので楽しみです。

トップ画像引用元:激ロック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top