セッション曲解説 「Better Days」

セッション曲の解説をしましょう。

今回の曲は参加される方の投票で決めたんですが、なかなか渋い曲がチョイスされましたね(笑)

今日解説するのはブルース・スプリングスティーン「Better Days」です!
ブルース・スプリングスティーンって名前はよく聞くんですが、しっかり曲を聴いたことって無かったですね。

浜田省吾の曲中とかインタビューとかにブルース・スプリングスティーンっていう名前ががよく出てくるんですよ(笑)

1992年の曲なので私が生まれるより前の曲ですね(笑)
96年生まれですので。

この手の曲は聴くより演るのが楽しいですね(笑)
わりとアドリブ感のある曲という感じですね。
洋楽にはこんな雰囲気の曲が多いように思います。

テンポはBPM120ぐらいでしょうか。
なぜかもっとゆっくりに感じるんですよね。
BPM96ぐらいに感じてしまいます。
曲の雰囲気のせいでしょうか。

ギターの解説であらためて書きますが、コード進行はめちゃめちゃ簡単です(笑)
使われているコードが少ない上に進行もめちゃめちゃゆっくりです(笑)

パートごとに解説しましょう。

ドラム

最近、ドラムから書くことが多いと思いませんか?
多いです(笑)

なぜかと言うとこの記事を書きながらドラムのイメージトレーニングをしているからです。
最近は練習の中でギターの割合が増えているんですが、セッションではドラムを演奏することが多いです。
なのでちょっとでも早めに練習したいんですよね(笑)

話がそれました。

パターンは非常に簡単です。
非常にオーソドックスな8ビートですね。

ちょっと静かになるところではクローズドリムショットも使われていますね。

フィルインも簡単でしょう。
オーソドックスなフィルインです。

非常に簡単なんですが、簡単故に奥が深いとでもいいましょうか。

抜けのいいスネアのサウンド、単純だけどうねるようなフィルイン、グルーヴたっぷりのドラミング。
なかなか難しい部分も多いですね。

スネアがスコーンと抜けるだけでグルーヴが良くなりますね。
ビートがはっきりしているとノリやすいからでしょうか。

スネアの抜けを良くするためには単純にオープンリムショットにするといいです。
この曲の場合、リムショットでセンターとエッジの間位を叩くと良さそうです。
このポジションはロック、ポップスでは多用されるのでぜひマスターしましょう。

フィルインも絶妙なダイナミクスがついていますね。
単純にクレッシェンドするだけでなく、表拍を強調するだけでもなく。

フィルインもパターンもあんまり考えずに気持ちよく叩くことが大切そうですね。
自分の演奏を聴きながら気持ちいいパターン、フィルインを探していくといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。