セッション曲解説「Basket Case」パート2

昨日に引き続きましてBasket Caseの解説をしましょう。

ギター

なかなかオイシイですね(笑)

あんまり難しくないんですが、イントロはギターから始まりますし、間奏でもギターのみの場所がちょこちょこあります

しかし、重ねて言いますが演奏は簡単です(笑)
通常のコードか3音パワーコードのどちらかですね。

基本的にはをストロークの演奏なんですが、ブリッジミュートが出てきますね。
ブリッジミュートにはちょっとテンポが早めですね。

間に合うようにコツコツ練習しましょう。

 

Green Dayをみてていつも思うんですが、ギターの人(ビリー・ジョー・アームストロング)ってギターの位置低すぎません?(笑)

絶対に引きにくいでしょあれ(笑)
ブリッジミュートのとき完全に腕がまっすぐですからね。

パワーコードをストロークするだけならあの位置でもいけそうですが、その他のプレイは厳しそうですね。

ギター初心者にのみなさん、真似しなくていいですからね(笑)
弾きにくいので。

 

ベース

こちらも一般的な8ビートのベースラインですね。

ルート音を基調としつつ、つなぎ的なフレーズが小節ごとにある感じです。

ただ、単純に8分音符を繰り返すだけではないので、注意しましょう。

所々で高音域を使ったちょっとの見せ場がありますね。
しっかりキメましょう(笑)

あとはドラムとしっかり合わせてガツガツ弾けたらOKでしょう!

 

全体としては、非常に簡単です(笑)
コピーするのに非常におすすめなので、ボーカルが英語を歌えるバンドならぜひやってみてください。

Green Dayの曲は他にも簡単でカッコいい曲が多いのでおすすめですよ!

トップ画像引用元:YouTube

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top