ベースコース2日目、 3日目以降

昨日の続きでベースコースのレッスン内容を解説しましょう。

2日目にやることはエレキコースとほとんど一緒です。
購入者にはベースの受け渡し、備品のチェック、1日目のおさらい、続きのレッスンなどなど。

ベースの場合可能性は低いですが弦交換もできますし、エレキギター、アコギの体験もできます。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

アコギコース2日目の流れ

 

3日目以降はエレキコースと同じで練習曲に出てくるテクニックを習得しながら進めていきます。
また、新しいテクニックが習得できる曲をご提案させていただきながら進めていきます。

メンテナンスもエレキギターと一緒ですね。

 

ベースコースが他のコースと違うのは、テンポ感、リズム感の練習があるということです。

テンポ感とは自分の感覚だけで一定のテンポで演奏したり、曲に合わせて弾くときにテンポがずれないようにする能力のことです。
リズム感演奏するフレーズを正確に小節内におさめる能力です。

もちろんどの楽器でもテンポ感、リズム感は大切です。
しかし、ベースの場合はその重要度が他に比べてちょっと高いです。

バンド演奏はドラムとベースが作り出すリズムに合わせて演奏しますので。

こうやっだ聞くとちょっと身構えてしまいそうになりますが、堅く考えなくて大丈夫ですよ!

曲に合わせて練習したり、場合によってはメトロノームに合わせて練習したりするだけです。

アコースティックギターでは最初のうちはメトロノームは使いませんが、ベースの場合ある程度早い段階で出てくると思ってください。

こうやって他の楽器よりテンポ感、リズム感のトレーニングを早めにやるという感じですね。

 

こんな感じでしょうか。
全体的にベースコースはエレキコースに似ている部分が多いです。

ただ、練習する上で重要視するポイントが違うという感じですね。

レッスン内容の希望も受け付けてますし、お互いにコミュニケーションを取りながら楽しくやっていけたらと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top