アコギレッスン2日目の流れ


昨日はアコギレッスン初日の流れを説明しました。

今日は2日目の流れです。
2日目も1回1時間50分のレッスンとなっております。

まずはじめにこちらでギターを購入していただいた方はギターをお渡しいたします。
備品も一緒にお渡しします。

その後は備品の説明です。
他の楽器店等でギターを購入された方もこの時にセットの備品などを見せていただき、頻繁に使うものと保管しておくものに分けます

チューナーやカポタストはすぐに使いますが、予備の弦はしばらくつかわないですから。

そして、備品の使い方の説明です。
チューナーも機種によって若干使い方が違うので、そのへんの解説などですね。

 

その後は初日レッスンの続きです。

もう一度構え方などを軽くおさらいしてコードを押さえる練習です。

初日に1つ押さえましたが、2日目では4つほど押さえます。
その場ですぐに音はならないかもしれないですが、押さえるコツをお伝えしながら練習していきます。

 

右手の練習もしていきます。

ピックの持ち方をお伝えした後、ストロークパターンを弾いていただぎます。

 

この時点であと30分ぐらい残っている場合が多いですが、この辺でレッスンは終了です。

あんまりやることが多くなっても混乱してしまいますからね。

ではあと30分ぐらいは何をするかというと、多くの場合は他の楽器の体験コーナーになります。

エレキギターを弾いてみたり、ベースを弾いてみたり。
なかなかそのような楽器に触ることもないと思うので、体験していただきます。

こういうちょっと自由なことができるのもレッスン時間が長い2回目のいいところだと思います。

1回50分のレッスンになると普通にアコースティックギターレッスンをしてちょうどぐらいの時間になってきますので。

 

また、以前からお持ちのギターを使用してレッスンを受けられる場合は弦交換レッスンになる場合もあります。

一緒にやり方を確認しながら弦の張替えをしていきます。

弦交換レッスンはいつでも受講できますので、このタイミングでやらなかった人は弦が劣化してきた段階で弦交換レッスンをします。

 

個人差はあるので絶対にこうとは限りませんが、大まかな流れを説明しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top