教室事業の方向性

現在、サウンドタイムでは教室事業を始めるためにモニター活動などを通して準備しております。

ちなみにトップ画像は今日やったギター教室の様子です(笑)
スタジオブルーでやりました。

現在2名のモニターの方にギター教室ドラム教室をやっています。
また、私の兄にベース教室をやっています(笑)

まだ何から教えるのかなど、検証しながら手探りでやっている段階ですが、ある程度方向性は決まってきたので一つ記事にしたいと思います。

以前にブログでも書きましたが、入門者・初心者向けの教室です。
その中でもプロを目指して楽器をうまくなりたい!という人向けではありません(笑)

趣味で音楽をやってみたい!という人向けに始めるつもりです。

楽器を始めてみたけどすぐに挫折しちゃう人ってけっこう多いと思うんですよね。
特にアコギなんかは、最初は音がならないところから始まるので、挫折しやすいです。

家に弾けない楽器が眠っている人ってけっこう多いんじゃないでしょうか。

そういう人の楽器を始めるきっかけになるような教室を目指しています。

練習はできるだけ曲練習を中心に進めるつもりです。
楽器を始めたい方の多くは「この曲が弾きたい」とか「このアーティストの曲を弾きたい」と思っているんじゃないでしょうか。
だったらその曲から始めたほうが楽しいですよね。

もちろんどの楽器でも言えることですが、基礎練習は非常に重要です。
基礎練習がしっかりできないのに、曲はバリバリ弾けるなんていうことはありません。

ただ、基礎練習ばかりしていても面白くないですよね。

生徒さんのやりたい曲を練習しながら、必要なテクニックを教えるような教室を考えています。
なので、最初から曲練習を始めます。

ただ、基本をおろそかにするわけではありません。
曲練習を中心にしつつ、基礎練習もやっていきます。

基礎を固めておかないと応用が効かないようになってしまうので。

 

できるだけ早くセッションに参加でき、継続していろんな曲を演奏できる状態を目指して教えていくつもりです!
生徒さんがそのままサークルに参加してもらえると嬉しいですね!

開校まではもう少しお待ちください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top