SAMSON「QH4」の配線

昨日は新しいヘッドホンアンプを紹介しました。

今日はその配線について解説したいと思います。

まず、本体のコネクタを見てみましょう。

上部入力ジャックAUXジャックがあります。

下部には各ヘッドホン出力があります。

インプットバランス端子になっています。
インプットジャックとAUX INジャックに入力された信号はミックスされます。

両方ともミュートスイッチ、マスターボリューム、モノラルスイッチすべての影響を受けます

その3つを通過した後に各出力チャンネルに分岐し、それぞれのチャンネルボリュームを経て下部のアウトプットジャックに出力されます。
AUX OUTはミュートスイッチ、マスターボリューム、モノラルスイッチ通過後の信号が出力されます。

図を見たほうがわかりやすいですね。

引用元:SAMSON

AUXジャックは入力も出力もステレオミニジャック、ヘッドホン出力は標準ステレオフォンジャックとなっています。
ミニプラグを接続するときは変換アダプタをご利用下さい。
変換アダプタは用意しております。

 

ヘッドホンアウト4チャンネルとミキサーの15/16チャンネルがつながっています。
AUX INにはスマホがつなげるステレオミニケーブルがつながっています。

つまり、スマホから出力された信号がヘッドホンアンプを経由してミキサーに行っているので、ドラムのところにいながらオケの音量を調節できます。

 

また、ミキサーのヘッドフォンアウトから伸びているケーブルもヘッドホンアンプの周辺まできています。
ミキサーの音をヘッドホンアンプへ戻すこともできます。
普段はループする可能性があるのでつないでいないですが、場合によっては使えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top