右半身でしっかり固定しよう

ギターやベースを弾くときに右半身に意識を向けていますか?

どうしても音やコードを変える左手に意識が向きますよね。

なかなかスムーズに左手が動かない…

しかしその原因は右半身にあるかもしれません。
ギターやベースは右半身でしっかり固定する必要があります。

座って弾くときは右大腿、右脇腹、右肘の3点でギターを固定します。
左手がネックを握っていなくてもギターがフラフラしないようにするのがポイントです。

立って弾くときはストラップ、右脇腹、右肘の3点ですね。

特に押さえるフレットが大きく変わるときは注意が必要です。

オープンコードを変えるだけならそんなに意識しなくてもいいですが、ハイフレットに一気に移動するときは左手がネックから一瞬離れます。
離れなくても力が全くかからない瞬間ができます。

そのときに右半身で楽器を固定していないと楽器がふらついてしまって、押さえるポジションをミスったりしてしまいます。

 

慣れてくればオープンコードが連続するところは右手はリラックスして、動きが激しくなったら少し右手を意識するような事ができるようになります。

ただ、最初はそこまでできないと思うので、常に右半身を意識するといいでしょう。
正しい姿勢で演奏することは非常に大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top