レンタル器材紹介! ドラム編

前回はPA関係のレンタル器材を紹介しました。

今日はドラムセット周辺のレンタル器材を解説していきたいと思います。

まず、ドラムセットの構成から。
セットはヤマハのドラムセットです。
すべてバーチのシェルです。

それぞれのサイズは

バスドラム  22”×17”
スネアドラム 14”×5.5”
ハイタム   10”×7”
ロータム   12”×8”
フロアタム  14”×15”  (口径×胴 単位:インチ)

となっております。

 

一般的なセット内容ですね。

スネアスタンドの傾きは前後にしか調整できないタイプですので、ご注意ください。

 

シンバルはセイビアンで統一されています。

ハイハット     14”
クラッシュシンバル 16”、18”
ライドシンバル   20”

です。
スタンドは通常タイプが一つ、ブーム式が二つあります。

ハイハットスタンドは3脚タイプです。
ツインペダルが右側にセットできるように脚は少し角度をつけてあります。

今はスプラッシュシンバルとチャイナシンバルが置いてありますが、これは受講者さんからの借り物です(笑)

 

ペダルはTAMAのIRON COBRA 200です。
ツインペダル式ですね。

レッスンでは邪魔なので左側のペダルは外してありますが、使用される際はセッティングしますのでお声がけください。

また、パールのペダル、ヤマハのペダルもあります。
使ってみたいという人はお声がけください。

 

スローンはヤマハの丸形です。
スクリュークランプ式です。

パールの練習パッドもお使いいただけます。
ルーディメンツのウォーミングアップをしたい方はご利用ください。

他にもゴムのヘッドの練習パッドもあります。

生ドラムがあるので叩く人はあんまりいないと思いますが、電子ドラムも使いたい方はご利用いただけます。
お声がけください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top