レンタル器材紹介 ダイレクトボックス

今日はレンタル器材のダイレクトボックスを紹介しましょう。

ダイレクトボックスはインピーダンスの高い楽器をミキサーにつなぐために使う機材ですね。

当スタジオにあるのはBOSS「DI-1」です。

ダイレクトボックスって言うとこれって感じのやつですね(笑)

スタジオ内の棚に置いてあるので、いつでも自由にご利用ください。

DI-1は電池とファンタム電源の両方で動きますが、電池は常に入っています。
ファンタム電源をつけなくても動きます。

もし電池がなくなったら言ってください。
電池交換します。

使うときは特にスイッチを操作する必要はありません。
インプットに楽器をつないで、バランスアウトにミキサーをつなぐだけです。
使い方がわからなければ言ってください。

 

また、アコースティックギター用のDIもあります。
ベリンガー「ADI-21」です。

ぶっちゃけ安物なのであんまり音は良くないですが、練習中にアコギをミキサーにつなぎたい!って突然思ったときは使ってください。
周波数を調節できるMIDありの3バンドEQがあります。

右下のブレンドノブは内部チューブ/マイクエミュレーション回路のミックス具合の調整です。
右に回すとアコギっぽい音になり、左に回すとピエゾなどのピックアップの音が強くなります。

ACアダプターがつなげる機器ですが、常に電池が入っています。

また、フットスイッチでオフにしておくとEQ、マイクエミュレーションなどがオフになってDIとして使えます。

 

個人練習でダイレクトボックスを使うことはあまりないかもしれないですが、ぜひご利用ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top