スタジオの内壁を撤去しました

昨日はスタジオの内壁を撤去する作業をしました。

外に建設中の壁ができてきたので、内側の壁はもういいだろうということで外しました。

もともと仮で設置していただけですので。
スタジオを建てるときに出てきた鉄板の余りやグラスウールの余りを使って建てた仮の壁でした。

 

それを撤去してスタジオを一部屋にしました。

作業自体は一日で終わりました。
けっこう早かったですね。

何度も言うように仮の壁なので、ネジとかをはずしたらどんどん分解できますので(笑)

壁を外すとやっぱりけっこう広いですね。
開放感が全然違います。

ドラムセットは今まで壁に向かって設置していましたが、これからは中央に向けて設置します。

アンプの位置とかもリハスタ仕様に変えようかと思ったのですが、リハスタ開業はもう少し先なのでとりあえず今の位置のままにしておきます。

 

部屋が広くなるのはもちろん、空気の循環が良くなるのもいいですね。
今まではドラムブースの中にエアコンがあったので、ギターやベースのレッスンゾーンを冷やすにはけっこう時間がかかったんですよね。
これからはスムーズに冷えてくれると思います。

これからは広くなったスタジオでのびのびとレッスンしていきましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top