レコーディングセッションの曲を解説 1

今日はレコーディングセッションの曲をもう少し詳しく解説していきたいと思います。

まずは1曲目のひまわりの約束からいきましょう。
この曲はアコギの方の練習曲ですね。

本来はアコギでカポ5フレットの曲なのですが、そうすると曲中のコードが難しくなるので今回はカポ3フレットで演奏しました。
そのため、イントロのアコギもカポ3になおして、少し簡単にしています。

ベースとアコギは耳コピでそれっぽく、ピアノやストリングスの代わりにエレキでちょっと伴奏に厚みを足してみたいな感じですね。

メドレーのスタートにはもってこいの曲ですね。
受講者さんの選曲も非常に良かったと思います。

 

オリオンをなぞるを解説しましょう。
これもエレキ受講者の方がレコーディングの少し前から練習されていた曲です。

けっこうテンポが速く、リズムも合わせにくい曲なのですが、うまく弾いていただけて良かったです。

私のドラムとベースも難しかったですね。
田淵さんはどうやってあんなに動きながらこんなに難しい曲を弾いているのでしょうか(笑)
一応言っておきますが、ベースの動画は別撮りですので。

 

次回はさよならの今日にと紅蓮華について解説したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top