レコーディング用マイク紹介

今日はレコーディングに必要な機材のキモ、マイクを紹介したいと思います。

まず一覧にするとこうなります。

コンデンサーマイク(ラージダイアフラム)
AKG C214×4
PRESONUS M7

コンデンサーマイク(スモールダイアフラム)
AKG C451B ×2

ダイナミックマイク
SHURE SM57×4
SHURE SM58×3
audio technica ATM25
AKG D12
AKG D40×4
その他ダイナミックマイク×4

となっています。

一般的なレコーディングに耐えられるレベルの中では安いモデルで揃えています。
ボーカル用マイクのめっちゃ高いやつなんかだと、一つで何十万円としますので(笑)

わりと同じマイクが多いですが同じマイクだったら左右に設置したときに同じ条件でセットできるのでそうしています。

 

SM58その他ダイナミックマイクは前からあるやつですね。
普通にリハーサルスタジオ使用でお使いいただけたやつですね。

PRESONUSのマイクDAWを買ったときにセットでついてきたやつですね。
これはオマケみたいなものなので、ラージダイアフラムのマイクは基本的にC214ですね。

それ以外のAKGのマイクATM25SM57がレコーディング用に新たに買ったものです。

ドラムマイキング用にセットで買ったやつもあるので、どれがどういった用途で使えるものなのかなどはまた紹介したいと思います。

バンド練習や個人練習でも必要であれば上記のマイクもご使用いただけます。
防湿庫に入っているので必要であればお声がけください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top