リバウンドコントロールとは?

ドラムレッスンの後半でやるスティックコントロールの練習で、一番最初にやるのがこのリバウンドコントロールです。

今日はそれが一体どういうものなのか解説してみたいと思います。

 

やることは非常に簡単です。
リバウンドでアップストロークを省略する奏法のことです。

普通バチで太鼓を叩くときは振り下ろす動きと、振り上げる動きの2つが必要ですよね。
振り上げの動作はあんまり意識しないですが、多くの人がそうやって叩くと無意識のうちに2つの動作を繰り返しおこなっています。

ただ、打面にスティックが当たると跳ね返ります。
ボールを床に落とすと跳ね返って返ってくるのと同じことですね。

そしてそのリバウンドを使ってスティックを上まで戻せば、動きが半分で済みますよね。

振り下ろすだけで振り上げまでできてしまいますので。
そうすることで高速ストロークができるようになるんですよね。

また、リバウンドをコントロールすることが腕や肩などの体をコントロールすることの第一歩でもあります。
効率的な体の使い方をマスターする上でも必要なテクニックということですね。

動かし方としては人差し指と親指で支点を作ってその支点を中心にシーソーのように動く感じですね。
そのリバウンドコントロールを指でやる練習からスタートしていきます。 

数日でできるようになるものではありません。
ゆっくりじっくり練習していただけたらと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top