丁寧に演奏する練習をする

毎日の練習メニューはどうなっていますか?

練習メニューってほどのものは特に無いけど…って人が多いでしょう(笑)
別にそんなにガッチリ考えなくてもいいのですが、練習する上での考え方を書こうと思います。

今日はタイトルにある通り丁寧に演奏する練習」をするということです。
どんな楽器でもある程度演奏できるようになってくるとそこそこ曲通りに演奏できるようになってくると思います。

曲に合わせて演奏できたりすると気持ちいいですよね。

そういうレベルになってきたら注意しないといけないのが、丁寧に演奏するってことです。

ギターならコードがしっかり鳴っていないのに鳴ったつもりになっていたり、コードチェンジが間に合っていないのに間に合ったつもりになっていたり。
ベースなら音がめっちゃビビっていたり
ドラムならフィルインをミスっていたり

それぞれできているつもりになりやすいミスですね。

そういったミスをなくそうと思うと単純に曲通りに演奏するだけではなかなかなくなりません

楽器やミスの種類によって必要な練習は変わってくるのですが、また別の練習が必要になってきます。

ゆっくり弾く練習だったり、コードをきれいに鳴らす練習だったり、ミスの箇所を繰り返し練習だったり。
それぞれに共通するポイントは丁寧に演奏するということですね。

 

もちろん、曲通りに演奏する練習、曲に合わせて演奏する練習は必要ですが、それ以外の練習も定期的にするようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top