パソコンがアツい!

最近は暑い日が続きますね。
夏になると困るのがパソコンの熱です。

パソコンはCPUなどが使用すると発熱するので、モデルによってはけっこう熱くなります。

気温が高いと熱がなかなか空気中に逃げていかず、熱がこもりやすくなってしまいます。
そうやってパソコンが熱くなりすぎると熱暴走を起こし、電源が落ちたり、画面が固まったりしてしまいます。

私もDTMや動画編集でウィンドウズのノートパソコンを使っているのですが、けっこう熱くなります。
買ったときからけっこう発熱が気になるパソコンでしたが、最近は特に熱くなります。

DTMではDTMを始めた頃よりプラグインをたくさん使うようになり、動画編集でも動画をつないで字幕を入れるだけから少しずつやることが増えてきました。

そうやってパソコンに負荷をかけているとどんどん熱くなるんですよね。

その熱への対策はまず基本的なところとしては「パソコンのファンに異常がないかチェックする」「通気口にホコリが溜まっていないかチェックする」「室温を下げる」「通気性のいい場所に置く」「使わないアプリを閉じる」など色々あるのですが、それでも対処しきれないときは冷却台を使うといいでしょう。
以前にはファンに異常があったときもありましたが。
パソコンの修理

 

というわけで今日は最近買った冷却台のレビューをしましょう。
前置きが長かったですね(笑)

買ったのは特にブランド品とかではないのですが、これです。

メッシュ状の台の中に6個のファンがついていて下から上に載せたパソコンに向けて風を送る仕組みです。
足を出すと角度がつけられ、より通気性が良くなります。

風量を無段階に調節できるつまみがついていますし、USBでパソコンやコンセントから給電するのですが、パソコンのUSBポートを占領しないように拡張用のUSBポートもついています。

とまあ、そこそこ高性能なものに思えるのですが、過度な期待は禁物です。
一番気になる風量ですが、冷却台はそんなもんかもしれませんが、思ったより弱いというのが正直な印象です(笑)

5センチぐらい上に手のひらを掲げてもほとんど風を感じません。
台の上に密着しているものには風を当てられるぐらいの風量ですね。

電源を入れるとファンが周り、青く光るのですが、このライトは全然必要ないですね(笑)
光っても冷えるわけではないですし。

ライトは無しでいいので10円でも安くしてくれ(笑)

 

あと、この台の一番の欠点はファンの位置ですね。
ノートパソコンで一番熱くなるのは、キーボードとモニターの間の部分です。
ここを一番冷やしたいのですが、この台はこの向きで設置します。
奥側に角度をつける足がありますので。

そうすると一番冷やしたいところにファンが無いんですよね(笑)

なので、私は台を前後逆にして使っています。
もともとパソコンに角度は必要ないと思って買ったので。

まだそんなに使い込んだわけではないのですが、けっこうよく冷えるように思います。
ノートパソコンの熱に悩んでいる人は参考にしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top